スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SO-03D生還

最近 Xperia Aが発売され、まだ買って1年少々なのに本気で買い換えようと思ってしまった
Xperia Acro HDといいますかSO-03D。

そのバチが当たったのか、いろいろあったので、備忘録として。。


4月の中頃にICSをroot化して細々楽しんではいましたが、やっぱりなんか不満。
X10がかなり遊べたからかな?

そんな折、Acro SのJBを焼いちゃう手順も結構こなれてきたようなので、
ここはひとつガラスマ機能が省かれても行ってしまいますか。

そして、何を血迷ったか、SO-01BのROMでお世話になってたThJap氏のXperia Pのカーネル
何の迷いもなくCWMで焼いてしまいました。
不思議と普通に起動したんですよね。もちろんICSのままで。
ブートローダーのアンロックが必要だから、上手く焼けなかったのが文鎮化を避けられたようです。
それにしても、気付いたときは冷や汗でしたが。

さて、それでも起動時にソフトウェアのアップデートとか入っていたので、
このまま使い続けるのも気持ち悪いと。。
直前にCWMで丸ごとバックアップを取っていたので一度初期状態に戻し、
再度rootをとってCWMからレストアしてやろうと思ったわけです。

--

一度通った道なので、解説サイト通りにやれば何も問題ないと思われたのですが・・

root取得ツールのStep2でパーミッション関係のエラーが頻発し、全くroot化されません。
SEUSで完全に初期化しても、Flashtoolのバージョン変えても、何してもダメ。

そうこうしているうちに昨日は時間切れ・・
とりあえず真っ新の状態では使えるので、最低限のことはできるんですけど、
半端に環境整えるのもなんなので、とっても不便!
FacebookやLINE、gmail、GoogleカレンダーなどPCで使えるので大丈夫ですが、
それでもやっぱり不便。

前回root化に成功したときと何が違うんだろうと考えますが、全く分かりません。

お昼ご飯食べながら、んん~?と悩んでいたら、ちょっとだけ思いつきました。

・microSDを外してみる
・デスクトップに置いていたroot化のツールを、Cドライブ直下のシンプルなディレクトリ名の下に移動。

改めてSEUSの初期化から順を追って作業していったら、root化ツールのStep2も無事クリアー。
その後、CWMも無事焼けたので、直近のバックアップも書き戻すことができ、環境が戻りました。

かなり焦りましたが、SDってよりはバッチファイルの置き場に問題があったのでしょうかね。
検証はしたくないですが (^^;


手順を覚えているうちに、再度JB化しようかなとも思いましたが、、、
しばらくは大人しくしてましょう。


スポンサーサイト

XPERIA 2nd. season

少々遅ればせの投稿となってしまいましたが

2年前の4月1日に初スマフォとして購入しましたXPERIA SO-01B
当初はOSが1周遅れとか、スペックが貧弱でカクカクだったりとか
性能的にイケてるとは言えない端末ではありましたが、
手に馴染むデザインは秀逸なものでした。

それでもスマフォ黎明期とでも言えそうな昨今では、
端末の進化は決定的なものがあります。
PCだったらパーツ交換をすれば、物理的に性能向上を図れるのですが、
携帯ですとどうにもなりません。

そこで、グローバル端末の利を活かし、
カスタムROMを導入し始めたのが昨年の6月。
ThGo2ROMのこまめなバージョンアップの度にサクサク度がアップし、
まだまだ戦えるぞ!なんて思ったものですが。。。

やっぱり2年というのは良い区切りなんですね。
もっさり端末がサクサクになっていくのは嬉しいものですが、
最新端末を触ってしまうと、ハードの限界をしみじみ感じてしまいます。

そろそろ変え時か。


とりあえず、ポイントとしては

 ・せっかくだからデュアルコアがいいよね。
 ・2年間使ってなかったけど、お財布機能はあるといいな。
 ・震災で思った。ワンセグはあった方がいい!
 ・やっぱデザインは良いにこしたことはない。

ここから出てきた候補はXPERIA acroHD。
グローバル端末の NXも惹かれましたが、ガラスマがいいなぁ。
でも、幾つか問題もありで。

 ・LTE対応じゃない
  → まだ時期尚早?対応端末は2年後でも良いか。

 ・ガラスマはroot取れないかも。カスタムROM入れられないかも。
  → コレが結構重要。いじり倒して愉しんでた分、物足りなさ感じるかも。

 ・電池交換できない。
  → SO-01Bは電池パック3つでやりくりしてたので、
    出張や旅行では要注意。

 ・お財布機能使う?
  → たぶん使う。

よし、決めた。

無事、3月15日の発売当日に某電器店一番乗りで購入しちゃいました。
この日、別件で色々とあったのは、また別の機会に。。。

さて、3週間ほど使用してみたのですが、
SO-01Bより一回り大きいので、片手操作で親指が左上に届きません。
通知領域を引き出すのも、少々バランスを崩さないといけません。
この点では、SO-01Bは手に馴染む大きさでしたね。

ホーム画面は重さの元凶ドコモホームからXperiaホームへ即効変更。
これで本来のサクサク感が戻ります。
しかしまぁ、CPU性能が段違いなのは明らかですが、実に軽快。
854×480 → 1280×720の解像度増を感じさせない動きの良さです。
また、HD動画が超キレイ。

難点としては、電源ボタンが押しにくい。
てゆーか、申し訳程度の出っ張りにしたのは、何か理由があるのか?
画面下にハードキーが無く、スリープからの復帰は電源ボタンなので、
なんかちょっと・・・ねぇ。
また、「メニュー」、「ホーム」、「バック」のところに
半端にポチッとLEDが「ここだよ~」的に光っているので、
押して反応が無かったりするためにストレスとなります。
これは、押すというよりも、下からスライドさせる感覚でタッチすれば解決。
ボリュームキーは若干下にあり、凹凸もさほど無いためにこれも押しにくい。
arcとは言わないまでも、初代SO-01Bの良さを踏襲できないものかねえ。

そんなこんなで32GBのSDメモリを挿し、手持ちのMP3を
ガッツリ詰め込みましたが・・・聴いてないのよね。
電池が心配で、モバイルブースターでも調達しないうちは
DAPとしてもワンセグ視聴も出先じゃする気になれないかな。

最後に
サクサクで快適なんだけど、
rootでいじったり、ROM入れ替えたりして遊べないので、
既にやることあんまり無くて飽き気味かも・・・(^^;

初期型SO-01B 更なる進化

発売初日に購入したXPERIA SO-01Bもそろそろ2年。

Andoroidのバージョンも、どうしようもなかった1.6から2.1へと上がり、
そこそこ使えるようになったものの、その頃世間は2.3。

いかんともしがたいハードウエアスペックではありますが、
有志によりrootが取れたり、新しいバージョンのOSを載せたカスタムROMが出たりと、
限界を超えてから何かと楽しめる名機であります。
今現在、我がXPERIAは2.3.3で、サクサク動作しています。

さて、契約の縛り的なものが2年なんですけど、
やっぱり2年というのは良い区切りなんですね。
性能的なものや、デザイン的なところで新機種へ目が向きがちです。

カスタムROMでの性能向上も、はやり限界があります。
各種起動のレスポンスは仕方ないとしても、
メールなどの文字入力でついてこないのはとってもストレス。
フリックはまだマシにしても、qwertyはtypoの嵐。

POBoxにこだわらず、google日本語入力でも良いかとも思うのですが、
qwertyではカーソル移動にひと手間必要だったり、
キーボードをカスタマイズできなかったりで
ちょっとイマイチ。
フリック使えばそれなりなんですが・・・

ちょうどそんなタイミングでacroHDが発売されたもので、
ココロユラユラです。
とりあえず予約しちゃったけど。


とはいえ発売時期は3月ってだけでまだ未定なので、
少しでも快適環境を整えてみましょう。

そんな折、つい先日発売されたXPERIA NXに搭載されている
日本語変換POBox5.0が抜き出されて移植されたので、
早速入れてみました。

POBox5.0

4.3から劇的に変わった点は、
手書き入力対応になったこと。
物珍しさにグリグリ書いてみたのですが、
認識精度は良いものの、これならフリックでいいわ (^^;

それにしても、フリックでもqwertyでも動作が軽いです。
どうしてもモッサリと感じていた日本語入力が結構快適です。

ん?これだけストレスが減るってことは・・・
まだまだSO-01Bで戦えるんじゃないか?

悩ましい時間を楽しめそうです。

国の壁

ギリシャ財政危機に端を発するユーロ安ですが、
ここは波に乗らなきゃーいかんでしょう。

で、勢いで開いてしまったのは
amazon UK
イギリスのamazonさんです。

以前、Lord of the rings BOXを格安で買ったときには
リージョン制限で映らず

その後、特典の多さで愛蔵品用にと買ったBack to the Future BOXは
未開封なので映るかどうかは判らず。

まぁ、DVDはリージョン的には大丈夫なものの、
NTSCかPALかってところで壁がありまして、
Blu-rayはリージョンが違うので、
映るものもあれば、映らないものもあるで。

そんな中、ただ単に割安ってことだけで今回注文したのは、

・となりののトトロ
・魔女の宅急便
・天空の城ラピュタ
・風の谷のナウシカ

完全にジブリです。ありがとうございました。

イギリスより

トトロは間に合わなかったようですね。


さて、早速チェックしてみましたところ、

・Nausicaa of the Valley of the Wind

  リージョン制限で映らず

・KIKI'S DELIVERY SERVICE

  DVD : PALで映らず
  Blu-ray : リージョン制限で映らず

・LAPUTA -CASTELE IN THE SKY -

  DVD : PALで映らず

おおぅ、全滅。
きっとトトロもダメでしょう。

でも大丈夫!想定内!
どっかの格安リージョンフリープレイヤーを購入予定なので、
なんとしてでも観ます!


・・・でも、結局割高か???
トータル47.75ユーロ(4,870円)でございます。

ますます便利に

カテゴリ的にはクルマっぽい様な気もするのですが。


そういや、カーナビ買ったのって、
ちょうど2年前なんですね。
早いものです。

ポータブルながら使いでも良く、
オンダッシュは見た目嫌だから
取り外しできるようポータブルを選んだはずなのに、
何故か付けっ放しになっておりました。

通勤の道なんか案内されるまでもないのに。


そのポータブルの恩恵を受けられるのが、
クルマの乗り換え時でありまして。
何DINだとか、専用ハーネスがどうだとか、
そんなの関係無しに電源さえ何とかすればポン付けです。

もちろん147でもそのつもりでおりましたが・・・


156からVICSのフィルムアンテナを剥がしたときから嫌な予感。
そう、一度貼ったら貼り直すものじゃないのね。
歪むしちゃんと貼りつかないしで
上から透明テープで補強貼りするという不本意な姿に。

更に、156では裏側からシガーソケットに分岐させて電源とっていましたが、
147では配線取り回しどうしようか悩んでいる間に面倒くささが先にたって・・・

まーダメ押しなんですけど、
スタンドの強力吸盤がダッシュボードの微妙な凹凸に敗北し、
頻繁に脱落して運転中にビックリすること多々。
吸盤洗ったら、多少くっついてる時間が伸びはしましたけど。

それでも、なかなか常用には程遠い感じでありまして。


なーんて思っていましたら、
GoogleMapがまた高機能になったらしく、
渋滞情報まで出るようになりました。

渋滞情報

簡易カーナビになるのはもちろんなんですが、
車から離れていてもドライブプランを考えられるのって
結構凄いことなんじゃないかなって。
家を出る前とか、休憩で食事しながらとか。

今年は実家との間を往復するのに高速道路を頻繁に使っていたのですが、
とにかく渋滞には悩まされましたから、
手元で見れるのはとてもありがたいですね。

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。