スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しまりがない

オープンカーは気持ちいいなぁ?♪

そんな悠長なこと言ってられるのは、開けたいなと思ったときに開けるからこそですね。
そんな気もないのにいきなり開いちゃうと、それはそれはビックリするものです。


オープンカーにとっての幌なんてぇものは、幾らリアスクリーンがガラスになって耐久性
が上がったとはいえ消耗品な訳です。
以前乗ってたNAは、こまめに洗って幌メンテグッズで色々やってましたが、6年で後ろの方に破れが出来てきました。ちょうどNB用幌が流用できるって情報が流れ始めた頃だったので、骨ごと換えちゃいました。
そして今乗ってるNBは、6年経ちますがほとんどノーメンテ (^^;
洗車も稀で、もちろん何も塗ったりしないままの素肌美人です。
その割に、破れとか大きなダメージも無いんですから、特別何もしなくてもいいんじゃんという結論に。。。(笑)

しかし、経年変化はやはりあるもので、全体的に縮んでる感がありまして、更にサイドのウィンドーに沿う縫込み部分がひび割れて、縮みと相まって雨がウェザーストリップへ染み込んでくるんですね。
それが室内雨垂れの原因だと判ってからは、幌の補修財でひび割れを埋め、一応のことなきを得ていました。

そんなこんなで幌が縮んでくると、寒い時期なんかはトップロックの締め付けが変わってくるんですね。
ところが、ふと気が付くと右側のトップロックがカチッと固定されないんですね。
締め付けの問題かな?と六角部分を調整してみるのですが、締めても緩めてもどうにもこうにもいけません。
まぁ、そこは大目に見る寛容なタイプですので、しばらく放って置いたのですが、今度は左側までユルユルです。
さすがに両方カチッと閉まらないのは気持ちが悪いので、どこでカチッと留められるのかなと見てみると、本来なら引っ掛かりの部分でロックが掛かるはずなのに、スカスカになっています。
それも、クリアランス的に調節できる所じゃないのにスカスカってどーゆーこと?
こんなときのネット検索。
速攻ググってみたところ、NBモデルチェンジからどうやらそのような現象が出ている模様です。そういえば、NAの頃はこんなトラブル経験したことなかったですね。

それでもまぁいっかとカッチリ閉まらないまでも大丈夫だろうと乗っていたんですけど、先日帰省した際に高速をふっ飛ばしていたところ、それもたいへん調子こいてぶっ飛ばしていましたところ、いきなり「ゴーーー!!!!」と爆音がしたのです。
なんだなんだ!と目線を上にしましたら、ちょっぴり青空が覗いています。
幌閉めてるはずなのに。
うわっ!運転席側のトップロックが外れて、少し開いてるじゃないの!
助手席側が限界を超えたら大惨事ですよ!
慌てて外れかけた..というよりは外れたロックを締め、右手で抑えながらの運転です。
この速度でこれはヤバいぞと思うものの、普通に走れば普通に閉まっててくれますので、その後はずっと法定速度運転です。
えぇ、当たり前のことですよ。

そんな恐ろしい出来事もあったので、ようやく重い腰を上げて交換しようと思い立ったのです。
そう、この間の冬は装着されず邪魔者扱いされていたDHTと交換しちゃえばいいんです!
金も掛からないんだから、さっさとやっちゃえば良かった。

さて、思い付いたのがタイミングの悪い「夕方から大粒の雨が降ります」とか予報で言ってたその夕方だったんですけど、後先考えずに実車の方から外してしまいました。
案の定、外したとたんに雨粒がポツポツと。。。

幌の閉まりきらない車を後に、家に入ってDHTからトップロックを外そうとドライバー
でグイッと・・・あれ?
妙に固い、固くて回りません。
あれれ?と思いながら、不安定ながらも押し付けつつ回すと、グニョ。。。
あー!!!!!ネジ山ナメちゃった (泣)
悲しくなりながら車に戻り、外したばかりのものを付け直したのでした。

そんな悲しい経験を踏まえ、翌日には東北マツダ様へ左右セットで発注掛けました。
痛い出費ではありますが、中古でまたトラブルが出るよりは、安心も一緒に購入しましょう。

昼に電話したところ、仙台に在庫があるとのことで、夕方取りに行くことにしました。
仕事を中抜けして品物を受け取り、早速取り付けてみます。
張りの調整をしなきゃいけないかな?と思ってたのですが、そのままで全く問題ありません。
ってゆーかー、ちゃんとカチリと締まります。
これが本当なのね (泣)
これでしばらくは安心幌ライフ!と行きたいところですが、きっと来春には幌自体がダメでしょうね。
色々とお金の掛かる時期に入ってきたようです。
スポンサーサイト

夏の思い出

もう8月も終わろうとしていますが、梅雨明けが遅れて8月に食い込んでしまった分、夏の終わりも少しは延長になったりするのでしょうか。
まだ私が気楽な学生生活から、全員ボスキャラみたいな社会へトコロテンのように放り出されたばかりの頃は、夏休みが1週間しかないことにひどく落胆したものです。
なんにもできないじゃん。
しかし、人ってなんにでも順応できるもの。
そのうちに3日くらいで「長いぃぃ?」と持て余してしまうのは不思議なものです。

子供の頃って何してたんだろう?
毎日友達と遊んだり、お盆に親父の実家に行ってみたりと、そんな程度の記憶しかなかったりしますが、それだけで1ヶ月の空白が埋まるのか?
えぇ、もちろん宿題がありましたね。
でもこれって、夏休み入った直後にフルパワーで片付けてしまうか、最終日に涙目でやるかのどちらかだったりしますが、まだ問題解くとか工作するのなら光が見えます。
目の前が真っ暗になるのは、観察日記みたいな継続系です。
育ちきってしまった朝顔を眺めてガックリしたり、天気を調べようにも新聞は古紙回収に出されてしまって近所の親戚に泣きついたりと、苦い思い出は盛りだくさん。
積み重ねが大事であります。


そんな頃から3倍も歳をとったくせして、未だにそんな積み重ねの大事さを痛感する日々継続中ですが、このブログもこれまた然り。
先々週に帰省をして、盛り沢山なエピソードがあり、帰って早々にえらい長文を打ったのです。
ノリノリで投稿、再構築・・・あれ?エラー!?
アッサリと、実にアッサリとソウルが込められた文章はどこかへ消えてなくなってしまいました。
あー、長文を打つときは、フォームにそのまま打つんじゃなく、テキストで保存してコピペが原則だったのに (泣)
ちょっと凹み、ちょっと休憩。

数日後、気を取り直して前回の8割程度にまで復元、というか新たに書き下ろしという豪華版だったのですが、よそ見してたか何かでどこかのキーを押しちゃったようです。
バックスペースかなぁ。
そーしましたら、懲りずにフォーム直打ちしてた文章は跡形もなく消えてしまいました。
ハイ、また凹みますね。

そんなんあってはモチベーションの下がり方たるや、上場廃止前のライブドア株並です。
それでも、その間にはブログネタが色々ある訳で、その度に打てばいいのに順序だてないと中途半端な気がしてダメなのです。
夏休みの宿題とは、やる気があるって点で違いはありますが、同様の例を挙げるならば、気になるドラマの初回を録画したものの、時間がなくて見れないままに2話目になってしまい、初回見てないのに見れるか!と録画し、それが積み重なって結局見ないままに終わってしまう状態ですね。
どうも、始めに躓くとダメな奴なんですね。

そんな訳で、これはリセットの意味を込めての中身無しブログです。
若干の教訓は含まれているかもしれません。

さて、前を向いて踏み出そう!

悪い虫

えー、現在ですね、某仙台の北の方にある大型家電店内の喫茶店にて珈琲を飲んじゃってます。
まぁ、ココは普段でもよく来るところなんですけど、今日はちょっとばかり趣が違います。

最近の携帯事情も色々と変化があるようです。
ソフトバンクの携帯事業参入では、今後の料金引き下げへの期待が高まります。
秋頃でしたか、ナンバーポータビリティで異なるキャリアでの同番以降が出来るようになれば、低料金高サービスへの移行も増えるでしょう。
異なるキャリア間での絵文字変換なんかは、相手を気にせずカラフルなメールが打てて便利!って、いい年した男が入れててはキモいだけですが (^^;
機能面でも、お財布携帯みたいな便利さや、PDAや携帯音楽再生機とのボーダレス化、そしてPCSVや文書閲覧機能なんかで情報を持ち歩く的な流れになってますね。
そもそも、仕事にならない人は別として、ある意味病んでるかと思えるくらい携帯を忘れると落ち着かなくなったりするのは困ったものなんですけど。
基本的な電話機能をそんなに利用しないものにとってはね (笑)

そんな折、地上波デジタル(ディジタルじゃないのね)が開始され、同時にモバイルでも視聴可能なワンセグのサービスも始まったことで、当然の如く携帯にも機能が搭載され始めました。
元々アナログのチューナーが載った端末はありましたが、電波さえ良好ならば安定した画質はワンセグの圧勝でしょうし、今後も搭載機は増えていきと思われます。

で、ここで問題。
私、テレビっ子なんですね。
見る見ないにかかわらず、朝起きてから眠りに就くまでテレビはつきっぱなしです。
そんな私が飛びつかないはずがないですよね。
更に、これまで幾多のキャリアを渡り歩き、2台同時持ちを含めて端末がゴロゴロ転がる私にとって、13ヶ月以上使用というのは奇跡に近い!
そもそも、電話番号をちゃんと覚えてますもんね (笑)

人生のリセットと共に環境もリセットしたいと思う今日この頃、端末を変えたいと思うのは自然な流れです。
本当はキャリアも変えたいところでしたが、同番移行はまだちょっと先なので、とりあえずauのままで機種変しちゃいましょう。
auのポイントも使えますしね。

とりあえず現行機種の情報を集めますが、どうも帯に短しなんですね。
難点はあるようですが、せっかくだからワンセグチューナー搭載のW33SAとW41Hを比較し、まぁこれでもいっかとW41Hに決めちゃいました。
家電店やらauショップを何件か見て回り、結局はいつも行ってる家電店にしようと思ったんですけど、狙いの白が新規契約しかダメとのこと。
黒でもいいんですけど、微妙なラメがちょっとねぇ。
研修中の店員さんに「機種変じゃダメですかぁ?」と聞いても、案の定新規のみとのつれないお答え。
新規も年割りとダブル定額の加入が条件で、既にauのサービスを受けてての2台目はだめとの事だったので、「年割とか無しの普通のプランで新規だったら幾らですか?」と聞いたら、返答に困ったようで奥へ聞きに行ってしまいました。
私の中では、新規加入→即解約白ロム化→番号以降 でサービス途中解約の違約金もやむなしと思っていたのです。
ところが、帰ってきての答えは、「在庫が1台ありますので、特別機種変でもかまいません」との嬉しいお話!
即決です。
そして今、データ移行の待ち時間で打ってるんですけど、そろそろいい頃かな?

インプレッションは後ほど!

順方向

この時期、毎年恒例の帰省ラッシュではありますが、実家に帰るのも戻ってくるのも渋滞とは逆方向なので、これまであんまり意識してなかったんですね。
そもそも、仕事柄、決まった時期に夏休み(お盆休み)ってものがなく、7月?9月に掛けて交代でとっていくお約束なもので、子供の夏休みに合わせる必要のない私なんかは弾き飛ばれされるといいますか、さほど混みあわない7月半ばや9月に入ってから取っていたものです。
でも、7月早々に休みが終わってしまうと、何の楽しみもなく休みの人のサポートをしたりで損した気分ですし、9月ともなるとすっかり夏らしくないし、悪くすれば台風直撃でろくに出掛けられなかったりもしがちです。
更に、旅行などを計画してればいいのでしょうけど、土日くっつけて9連休ともなると後半はグダグダなままに過ごしてしまったり。。。

そんな訳で、今年は実に身軽で自分の都合だけで決めていいものですから、2日、1日、2日を各週末にくっつけて、短くても数で勝負作戦にしてみました。

先ずは10日?13日の4連休、関東方面に行ってみました。
詳細はバッサリ割愛しちゃいますが、やはり関東は暑い!
寒冷地仕様のカラダには堪えますね。

さて、そんな話はどうでもよくって、12日土曜日はホームで水戸を迎えての試合がございます。
せっかくだから日曜まで関東を満喫!なんて気持ちはさらさら無く、19時の試合開始には絶対に間に合うようにと意気込んでいました。
そんなに意気込んでいるのなら、指定席を取れば良かったんですけど・・・
そもそもお盆の時期ってのを忘れてましたし、本場物の帰省ラッシュって凄いのね (^^;

昼頃にだいたいの帰る時間の目処が立ったので、みどりの窓口で指定席を確保しようとしたら、全滅!
仕方ない、ホームで2本くらいやり過ごせば、自由席でも座れるだろうと高をくくって東京駅へ行ってみたのですが、うげっ!なんだこの列は!
しばらく様子を伺っていましたが、こりゃ待ってもらちがあかんとMAXに無理やり乗り込み、2階席へ上がる階段の好位置をキープし、デッキとはいえ一応座って仙台まで到着しました。

余り時間に余裕を持たずに出てきたため、仙台駅に着いて19時を過ぎています。
重くなった荷物を・・・って、慌ててたから職場へのお土産を買うの忘れちった (^^;
地下鉄に飛び乗り、八乙女で降りて旅行カバンやら何やらを抱えたままスタジアムに入りました。
ちょうどハーフタイムでしたので、座席下に荷物を突っ込み、先ずはビールをキープしてホッとひと息です。
この様子に年間指定組の顔馴染みさんたちは、拍手喝采で迎えてくれました。
でも、前半に2点取ってたんですよねぇ。
見れなくて残念。

しかし、後半も応援の甲斐あって関口のホーム初得点を観ることができ、久々のホームでの勝利、そして勝利の歌「オーラ」を声が嗄れるまで歌うことができました。
うんうん、やっぱり勝利はいいものです。

それにしても、予定がサッカーで左右されるのは困ったものですよ。

ご無沙汰してます

男たるもの、隠れ家が欲しくなるものであります。
それは大衆飲み屋であったり、場末の静かなバーであったり、7人の敵が待ち受ける日常から遮断された空間で傷を癒せる自分だけの場所。
そして、その場所でしか見せない顔があるものです。

えー、個人的に昔から喫茶店と洋食屋が好きで、引越しをしたりすると近所に良さ気な店がないか探したりしますし、出張で見知らぬ土地に行っても一本外れた路地裏に入ったりして店探しをしたりしがちです。

でも、喫茶店や洋食屋なら何でもいいかといえばそうでもなくて、こうあるべきってこだわりがあったりします。
だからハズレも多いし、理想に近い店に当たれば通い詰めたりしがちです。

まずは喫茶店から。
これはホント、数も多いし当たり外れも大きい。
自分基準では、チェーン店のカフェは論外で、大き過ぎず若干暗めで、できれば客が居なくて潰れちゃうんじゃないか?と思うくらいの静かさで、ジャズが流れてて、マスターが干渉しすぎず、無論珈琲の美味い店。
全て適うのは難しいですし、多少項目が抜けても好きな店は幾つかあります。
仙台の一番町にあるホシヤマ珈琲店は、店が半分以下くらいで、郊外にあって、1000円オーバーの珈琲が300円くらいだったらピッタリなんですけど (笑)
数年前に通ってた当時近所にあった店はかなりいい線行ってたんですけど、客が来ないが行き過ぎてたようで、時々借金取りみたいな電話が掛かってきてたんですね。
「えぇ、お支払いしたい気持ちはあるんですけど」
そんな声が漏れ聞こえて、大丈夫かいな?と思ってたら、案の定潰れてしまいました (^^;
程々に客は入ってないとダメなようです。
その店がなくなって、ジプシーのように次の安住の地を探し彷徨ってたのですが、割と近くにあったんですね。
某大学が近いこともあって、学生の溜まり場っぽいんですけど、店の広さといい、流れるジャズの心地良さといい、珈琲が一杯300円ってのも財布に優しくピッタリです。
更に、マスターがちょい年下の同年代ってこともあって話しが合うし、PCマニアってことも、バンドやってたってことも、そして離婚経験者だってこともバッチリです。
離婚の際にはずいぶんと相談に乗ってもらいました。
長居を許されてるし、ワイヤレスネットワークのキーも貰えてるので、@FreeDの64Kよりもずっと快適なブロードバンド環境で仕事やら遊びをすることができるのです。
ホットスポットのまだ少ない仙台では、とっても貴重な場所ですね。
多いときに週に数日通ってるのは、そんな隠れ家感覚が心地いいからなんですね。

さて、続いて洋食屋。
これは喫茶店に比べて少ないから、さらに良店に巡り合う確率は低くなります。
個人的洋食屋の条件としては、やはりこじんまりとした店で、とにかく美味い店。
十数年前、就職と同時に引っ越して、散策して近所で見つけた店がしばらくの間ナンバー1だったんですけど、そこからまた引越しをした先で見つけちゃったのです。
郊外でそれも裏通りの分かりにくい道に入ったら、洋食屋の看板を発見!
吸い込まれるように入った店は、なんでしょう、結構「和」なんですよね。
小さく野球中継のラジオが流れ、ちょっと不思議な感覚を感じながら洋食屋なんだけど看板にも書かれてた売りの「カレー」を頼んでみました。
しばらくして出てきたカレーは、落ち着いた焼き物風の皿に盛られたライスと、器に入ったニンジンにタケノコ、いんげんが形を残したまま黒く光るルーから顔を出しています。
ちょっと様子見と、ルーを少しかけてひと口食べてみます。
ん!?
スパイシーだけどコクがあって、後から辛さが広がってきます。
美味い!辛い!美味い!辛い!美味い!
まくし立てるように、一気に食べ切ってしまいました。
息切れの中に不思議な心地よさを感じて脱力していると、スッと小皿が出されました。
皿に乗るのは、見た目でも滑らかさの分かる手作りプリンです。
ちょっと嬉しく思い、ひと口食べてみると、思った通りの滑らかで爽やかなプリンです。
そのプリンを食べ終わろうとするタイミングで珈琲が出されました。
もうこの時点で決定ですね。
ハイ、通いますよ!

その後、多いときには週5日通うようなハイペース状態に突入したんですけど、それが適うのも味に比べて実にリーズナブルだからなんですね。
高級レストランでの味が、1000円ちょっとで食べられるんですから、洋食好きにとってはパラダイスです。

当時の自宅から車で3分。歩いても10分かからない位の距離ですから、ビールを飲んだりなんかし始めると話もするようになってくる訳ですね。
そこで知るのは店の人の人の良さ。
基本的にシェフとフロア担当の奥さん2人でやってるのですが、シェフは職人気質で一見無愛想だけど話すととっても人がよく、奥さんはとにかく朗らかで、何でも話したくなっちゃう感じなんですね。
美味いのは勿論のこと、人に惚れて通い詰めるようになりました。

7年も通ってると、実に色んなことがありまして、昔付き合ってた女の子と別れたときには言葉や美味い料理で励ましてもらったり、3年前に結婚したときには祝福してもらったんですね。
ところが、ここしばらくは通うペースもだいぶ落ち、休業してたこともあって1年くらいご無沙汰になっていました。
体調崩してるんじゃないかと心配でしたし、7月頭に離婚してからは報告もしなきゃとおもっていたんですけど、なかなかタイミングが合わないままに8月になってしまいました。

たまたま用事を済ませて帰る途中、渋滞もあって少し遠回りをしたら、ちょっと足を伸ばせばすぐ店じゃんと気付き、夕方の部開店の5時になろうとしていたので「よし!」と行ってみました。

今年に入ってからは、たまに通りかかるたび「休業中」の張り紙を見ていたので、今日はどうだろう?電話しておけば良かったかな?と思いつつ店の前まで来ると、見慣れたのれんが出ています。
一気に嬉しくなっちゃって、裏の駐車場に車を入れると、シェフが裏庭で何かやってます。
あら、いきなりこんな所で会うとは (笑)
車から降りて、長らくのご無沙汰を詫びると、「なんだ、別れたのか?」と!
なんですか、いきなり!どっかで聞いたの?(^^;
「何で分かるの??」と笑いながら訊くと、「いやぁ、そんな気がして」と。
長いお付き合いですからね (笑)

店に入ると奥さんが迎えてくれて、「お祝いしてもらったのに、すみません」と言うと、同情するでもなく責めるでもなく、いつもの距離感で話をしてくれます。
そうそう、この感じが好きなんですよ。

久々に注文するとなると、かなり迷うのですが、やっぱり手間ひま採算度外視の手数の掛かったソースを堪能するならハヤシライスでしょう。
一気に話したらホッとしてしまったので、もう代行で帰ろう!とビールを頼んだら、何気に出てきたのは仙台牛のタタキ。
美味いし有難いし、涙が出そうです。

そしていよいよ出てきたハヤシライスは、全く変わらないコクのあるドミグラスソースがとにかく美味いです。
シェフが「デミグラスじゃなくてドミグラスだ」とこだわるソースは、比較のしようのない味わいです。

そしていつものプリン。
最後の珈琲を堪能し、またすぐに来なきゃと改めて思ったのでした。
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
07月 | 2006年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。