スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッドレス車

仙台は東北です。
誰もが知る真実。
でも雪はそんなに降りません。

でもでも、降ったらそれなりに大変。
そりゃ、楽しい?♪って走り回ったりもしますが、平日の朝なんかに降られると目の前が真っ暗になります。
どっからこんなにクルマが湧いてくるんじゃ?!って唖然とするくらい大渋滞で、毎度毎度遅刻の恐怖との戦いです。

そして、我が家はちょっとした高台の上でして、通勤路の8割りは平坦な退屈な道。
そして職場はまた高台の上。
行きも帰りも上り坂が待ち受けます。

普段何気なく走ってる道でも、ちょっぴり雪が降っただけで自転車でも気付かないようなアップダウンが牙を剥きます。
FFとか4駆が力任せにホイールスピンさせながら走り去った後には、艶々光るアイスバーンが残されていて、坂の途中で止まった日には立ち往生必至です。
FRの無力さを痛感する瞬間ですが、バックなら登れるんだぞとちょっぴり毒づいたりもして。
そんなもんだから、ルート選択には細心の注意を払うわけで、なるべく登りの少ない道を、なるべく坂の途中で止まらないように信号のタイミングを見極めて助走をつけてとか、冬場のFR苦労は絶えないものです。

で?、9年位前には冬場の足としてフェスティバを激安中古で買ったのですが、これがまたコストパフォーマンス抜群に大活躍してくれまして、4年で十二分に元を取ったんですね。
冬場だけじゃなく、キャンバストップだったものだからオールシーズン大活躍でしたけど、2台も屋根開いてどうすんの?とバカ呼ばわりされること多々・・・


そして現在、梅雨明けも遅れ、短かった夏も終わり秋本番になりそうな今日この頃ですが、やぱり気になるのは今年もやってくる雪の季節。
スタッドレス車でも復活してみましょうか。


ハイ、本日やってきました。
えぇと、10年物のデミオで、走行距離87,700kmってゆー大丈夫か?な代物なんですけど、安いんだから文句は言いません!
足回りは、在りし日のフェスティバを思い出すようなふかふかさで、ダンパー抜けっ放しの感は否めませんけど、エンジンが結構元気だからしばらくは大丈夫かな?
乗った感じが「代車のようだ!」は我ながら苦笑いでしたが (笑)

今年の冬は頑張ってもらいますよ?
スポンサーサイト

大人も子供も

子供の好きな食べ物、ベスト3!

・カレーライス
・ハンバーグ

ん?あとなんだっけ?

幼少期のノスタルジックな思い出がどうのこうのってよりも、今でも結構好きですね。
もちろんお子様向けの味付けや、家庭の手作り感溢れるってよりは、プロの作った美味しいものを求めがちなのが財力に物を言わせる大人の汚らわしいところでして。

久々に顔を出した8月から既に一ヶ月以上も経っちゃって、このままではまたご無沙汰になっちゃう恐れあり!と日曜の晩御飯を食べに行ってみたのが「洋食や ひの」であります。
店を開いてるのが木?日と短くなった上、その辺りがなかなかタイミング合わなかったんですけど、そう遠くもないんだからふらっと行ってしまえばいい話なんですけど。

夜の部開店の5時ジャストに「早いねぇ」と言われるのを期待して行ってみたら、まだ準備中の札が掛かっています。
んー、暖簾は出てるから、休みってことはないよね?
ちょっとひとまわり散歩して戻ってみたら、まだ準備中。。。
あれれ???
まぁ、その辺は織り込み済み。
裏に回ってみると、ちょうどシェフが出てきたところで、「今開けるから」ってことでホッとひと安心しつつ何時もの席に陣取ります。

今日は職場から送ってもらったので、サクッとビールを頼み、メニューを眺めつつ奥さんと話をすると、「この間、K田さん来たよ」とか「でうちゃん来たよ」とか聞き、何故に誘わん!と憤慨してみたりして。
久々に来ると、ソースを堪能すべくハヤシライスって決まっちゃってるんですけど、こう毎回来店のスパンが空いてしまうと毎回ハヤシライスになってしまうので、ここはひとつハンバーグに行ってみましょう!
とりあえずチビチビビールを飲んでいると、奥さんが「今おつまみ作ってるから待っててね」と言われますので、今日は何だろう?と期待に胸を膨らませていると、やって来ました!



えー、サシの見事な仙台牛100%のひき肉が土手になってまして、真ん中に卵黄。そしてその周りにはみじん切りのタマネギがこれでもかと添えられています。
まぁ、生肉に卵黄ってことで、ユッケみたいな感じなのですが、これがなんと焼く前のハンバーグそのもの!
丁寧に混ぜ、このままこねて焼いたら美味いだろうななんて邪な考えを振り払い、ひと口味わってみると・・・
言葉にならない訳ですよ。
卵黄で舌触りがいいとか、タマネギの歯触りがいいとか、もちろんそれだけでも美味しいファクター全開なのですが、何よりもそれらが肉の美味さを引き立ててるんですね。
豪華にさしの入った肉がとろけ、甘みにコクがプラスされて、肉の美味さを逃さず味わえてる気がします。この美味さは感動しますね。
「タマネギ多いかも」なんて言われましたが、嫌味のある辛さなんて一瞬も感じないまま食べきってしまいました。
これだけで本日の勝ち確定です。

焼く前の生ハンバーグでこれだけの美味さなんですから、焼いて自慢のソースが掛かったら、そりゃもう美味くないはずありません。
ここのハンバーグは、本当に随分久しぶりですし、その間にファミレスを含め色々とハンバーグを食べる機会がありましたけど、ひと口頬張っただけで別物と実感。
何より柔らかさが尋常じゃない。
牛100%だからこその柔らかさに加え、生で十二分に味わえる肉からは旨さそのままの肉汁が溢れ出して、渾身のソースと相まって感動の美味さです。
これは贅沢ですよ。



一人暮らしの晩御飯としては、贅沢が過ぎるってものです。
しかし、数年前はそんなのを知ってか知らずか、週に3、4日とか食べてたんだから舌も半端に肥えてしまいますよ。

改めて感動しながら食べていると、他のお客さんもいないので、シェフが手を休めて隣の席に座り、雑談タイムに突入です。
何話したんだっけ?
そう、ご近所のこと (笑)
そのうち奥さんにも「いいからイス持ってこっちに来い」と呼び、更なる雑談。
こんな雰囲気もまたいいんですね。

しばらくしてお客さんが来たのでお暇しましたが、次はビーフシチュー食べなきゃなと固く誓ったのでした。



increment

気がつけば勝手に過ぎてる時間。
ボーっとしてて、ハッと気がつくと「あれ?もうこんな時間?」なんてことは良くありがちですが、大概時間は切れ目なく連続に流れていくものです。

とはいえ、マクロ的に連続に見えても、量子力学的にはプランク時間の積み重ねだったり、怠惰であろうとなかろうと、社会生活上、秒、日付で区切ってシステム化、画一化されてしまったりと、おちおち時の流れに身を任せてもいられません。


さて、巨視的な目で見てみますと、一年なんてカチリと強引に切り替えさせようとするものの、年々ダラッと流れるようになってる時間はそうそう区切りのいいものではありません。
正月くらい全世界的にお祭り騒ぎなら、押し出されるように気分も変わるってものですが・・・

え?、本日は誕生日でございまして、この頃になるとたいして嬉しいわけでもなく、街乗りしててオドメーターが知らぬうちにカチッと回るように・・・ってゆーか、最近のディジタル表示じゃ、そんな侘び寂もないっちゅーの!

まぁ、そんなこんなで望んでもいないのに37歳になっちゃいました。
どうしたもんでしょうねぇ。

そんなにしてまでも

BSE問題がここまで大きくなる前は、アメリカ産牛肉なんて?とスーパーでもさほど見向きもしなかったものですが、無くなったら無くなったで思ってた以上に困るものだったんですね。
特に牛タンの街仙台においては、深刻かつ大きな打撃を被ったようです。
住んでるからといって頻繁に食べるものではありませんが、たまに行くと値段が上がってたり、枚数が減ってたりすると、大変なんだなぁと実感します。

そんな中、当初よりニュースなどでBSE問題の被害代表みたいな感じになっていた吉野家でありますが、本日暫定での牛丼解禁となったんですね。
政治的背景については置いといて、他の企業が静観の構えの中、先陣きって大々的にアピールするのは戦略的に良しとしたのでしょうけど、万が一、感染部位混入なんてニュースが出ちゃったら・・・ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

私自身は昔から「困ったときの吉牛」と、晩飯何にしようかなぁと迷ったときや、小腹が空いたなというときや、今月ピンチ!みたいなときにはよく行ってました。

スタンダードなコースだと、牛鮭定職に卵をプラスし、牛皿に鮭をほぐして卵と共に混ぜ、それをどばっとご飯に掛ける食べ方が好きであります!
美味しいと思うんだけど、そうやって食べてる人を見たことがありません (泣)

生活費ピンチや、軽く食べたいときなんかは並もしくは大盛ですが、卵をプラスする場合にはつゆだくにはいたしません。
本来なら、若干の「だく」ならOKなのですが、店によっては「だくだく」レベルに注ぎ込んだりもするので、ここは大人の判断です。
しかし、中には「つゆだく言いたいだけちゃうんか」的考えなしな輩も居たりするわけで、だったら「並+牛皿」な肉三昧の方が庶民と一線を画せるというものです。

現在はすっかり数ばかり増えたカオスなメニューで、カレーまであったりと必死だな状態ですが、店で食べるなら牛すき鍋定職。持ち帰るなら豚丼もしくは豚キムチと決まっちゃってます。


せっかくの連休だというのに、昨日から今朝まで掛かった仕事を終えて昼近くに帰路に就いたのですが、自宅に行き着くまでに吉野家が2件ばかりあります。
どうせ今日は混んでるんだろうしと、ちょっと様子を眺めてみましたところ、凄いことになってますね。
某国道沿いの某店舗は、1車線ふさぐ勢いで列を作っています。
昼になって雨脚が強まってきた中、店の前にはずらっと列が出来ています。

ちょっとおかしくないですか?
皆さん、そんなに牛丼大好きっ子だったの?
そこそこのペースで通ってたけど、並280円に値下がりした瞬間くらいしか混んだの見たことないぞ?
昼時だって、席埋まったの見たことないぞ?
牛丼ですよ、牛丼。
雨の中、並んで食べるほどのものですか?
どっちかってゆーと、昨日なに食べたの?と訊かれて、恥ずかしくてちょっと言えないってくらいの代物じゃないの?
まぁ、そんな群集の心理も判らんでもありませんが、普通に食べてた人に食べさせろよと。


そして夜。
晩御飯どうしようかと考え、牛丼も売り切れて、もう空いてるだろうと吉牛に行ってみました。
えぇ、もちろん豚キム目当てです。

すっかり駐車場も空いていたので、余裕で入れて店に入り、普通に「豚キムチ大盛りとごぼうサラダ」と注文をして待っていると、焦りながら入ってきたオジさん一人。
「並つゆだく!」
と注文し、店員は「豚丼並つゆだくですね?」と訊き返します。
「そう、並つゆだく!」
とオジさんは言い、店員は「ハイ、では豚丼並つゆだくですね?」と返しますが、店員、私を含め、他の客みんな「えっ?いいの?」って感じの空気が流れています。
そしてしばしの間が空き、オジさんが
「牛丼だよね?」
と訊いてくれて、一同ホッと安堵のため息を漏らすのが聞こえたような気がします。
「申し訳ありません。牛丼は完売となってしまいました」
「それならいい」
と帰ってしまいました。
うっかりさんですね。
でも、夕方5時を回ってるんだから、あるわけないって何故に想像できないものか・・・
でも、そんな感じでその後も数人「牛丼!」と言っては「完売と?」のやり取りがあったのでした。
そんなに食べたきゃ、解禁の11時には並んでなさいってね。

まぁ、ここだけの話、私も残ってればいいなぁってちょっぴり思ってはいたのでした (笑)

どうせ見逃すはずだし

NB2に乗って早6年、初期の頃は快適なセカンドカーがありましたもので、なかなか走行距離も伸びませんでした。
乗り過ぎてもなんですし、乗らな過ぎでもコンディションが落ちてしまいますので、程々がよろしいんですよね。

普段は給油後の燃費を把握するのにトリップメーターにしてるんですけど、今朝何気にオドメーターにしてみたらビックリした!
ディジタルだと表示切替をしないことには知らないうちに通り過ぎてしまいがちです。
そして、どうせ通り過ぎるんだろうと、写真におさめてみました。

  ::
  ::

仕事を終え、案の定忘れていたんですけど、ふと見たら 50,000kmになってるじゃありませんか!
おー、見れた見れたと喜んでいたら、100mも走らないうちに 50,001kmに・・・
危なぁ?

さぁて、これからが調子良くなってくる頃ですよ。
労わりながらも楽しんで走りましょう。


で?
スタッドレス車を手に入れましたです。
今年の冬は背筋が凍ったり、死ぬ思いをする機会が減りそうです。
ただ、格安過走行気味ですんで、ちゃんと走ってくれるのかは不明なんですけど (笑)
  
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
08月 | 2006年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。