スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2 第43節 水戸?仙台

昨日は仙台空港に着いたのが21時くらい。
そこから家に帰り着いて22時少し前。

疲れましたねぇ。
えぇ、疲れました。

でも。。。

夕方くらいから感じ始めたモヤモヤとした気持ち。

神戸のスタジアムでは、綺麗なスタジアムもさることながら、
どちら側でもなく中立の立場で試合とサポーターを観て感じたのは、

街にフットボールのある素晴らしさ。

聖地と呼ばれるところに勝利を信じて向かい、
1点に一喜一憂し、
勝利に歓喜し、敗北にこの世の終わりと思えるくらい落胆する。
そんな週末を過ごせるのって、いいなって思うんですよね。


出張前夜の水曜の試合。
大事な試合でしたが、愛媛に完敗でした。
壊れた私は温泉宿を予約クリックしてしまい、
おそらく落胆した上司は翌日遅刻をし、
真面目に失踪したと心配されていました。

私は気分転換で現実逃避をしていましたが、
神戸の試合を観て思ってしまいました。
負け試合の後だからこそ、応援しなくては。


昨夜は家に着いてから片付けもそこそこに、
居ても立っても居られず調べ始めちゃいました。
道順なんかを。

そう、水戸とのアウェイの試合は、今回日立市なんです。
水戸市よりも若干近いです。
誤差程度ですけど。

でも、さすがに疲れてるから、朝起きてみてから決めようと
早々に寝てみたんです。
絶対にスイッチオフになるから、朝すら起きれないと踏んでたのね。

でも、普通に7時に起床。
あらら、結構元気。

じゃ、行きますか。
今なら通勤割引で高速乗れるし。

すっかり雨予報なので、ポンチョとカッパを持ち、
デミオでゴー!です。
ロドスタじゃないのは、時間よりも楽に運転したかったのと、
疲れてるときこそスピードの出ない車の方が精神的に楽だからです。

うまーく割引を使いつつ、東北道→磐越道→常磐道にて
4時間弱で日立市到着。
既にいい感じに雨が降ってます。
横殴りといってもいいくらいです。
やみそうにないね。

臨時駐車場から日立市市民運動公園陸上競技場まで向かいますが、
目に入ってきた競技場は・・・
あー、普通に陸上競技場ですね。
そしてもちろん、屋根はほとんどありませんね。

とりあえず当日券を調達し、先ずは笠松グルメ in 日立市です。
美味しさでは定評のあるスタジアムグルメですから
堪能しなくてはいけません。

先ずは洋風に「イタリア丼」から。
ご飯にイタリアンなソースが載っているのですけど、
うん、かなり美味いぞ!

そして雨の中、次なるモツ煮込みへ並びます。
もうね、なんだか凄いんですよ、ベガルタサポの列が。
ココは何処のホームだって感じで。
山形でもココまでいってないですね。

横殴りの雨の中、ずいぶんと並んでようやく順番がきたと思ったら、
器が無くなったから終了・・・と。

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

んなバカな!モツ煮込みの現物は、まだまだあるじゃん!
鍋ごとくれ!とも言えず、悲しくなりながら隣の坦々麺に並び直しです。
こっちも結構ギリギリなタイミングでした。
残り4つ!とか言ってるんだもん。
それでもゲットした坦々麺は、
冷たい雨の中でいっそう美味しくいただけました。

さて、スタジアムですが、ゴール裏?バック側は芝席なので
傘無し立ち見と決まってますから、
日和った私はメインスタンドで座って傘さしにて観戦です。
その為に傘の邪魔にならない端の席をキープしたのですが、
思った以上にベガサポが入ってきて、かなり混雑です。
向かい側のバックスタンド側も、気付けばかなり入っています。



試合開始前からジーンズぐちゃぐちゃ、靴も水が染みて靴下が大変です。
カッパも雨が染み込んで、過酷この上ないです。
やっぱり屋根のあるスタジアムは貴重です。

試合は主審がアレな人ってこともあったからか、
前半のうちに千葉直樹が退場に。
負けは許されない試合で前半から数的不利になってしまいましたが、
後半にダイレクトプレーが繋がって梁が泥臭いゴールを決めました。
正直、目前を転がるボールが余りにゆっくりで、
クリアーされるんじゃとヒヤヒヤでした。
その後は気迫の守備で1点を守りきり、素晴らしい勝利をもぎ取りました。
正直、この天候で負けだったら、仙台まで自力で戻る自信無かったです。

帰りはまた通勤割引時間を有効に使い、
のーんびりと帰ってきました。

ちょっとヘビーな数日を過ごしてしまったので、
週明けは大人しくしてましょっと。
スポンサーサイト

お仕事ですが旅紀行 -ホムスタにいきますた-

温泉宿で迎えた朝。
やっぱり部屋での豪華な朝御飯を終えた後は、
もちろん朝風呂ですね。

昨夜はすっかり暗くなってからでしたが、
明るい中でのお湯はやっぱり茶色です。
そして、やっぱりしょっぱい。
でも、だーれも居ない中での朝風呂は最高ですね。

しかし、あんまりのんびりしてる暇もありません。
湯当たりしてる場合でもありません。
昼頃には神戸にてお仕事の残りがありますから、
早々に戻らないと。

名残惜しいながらも宿を後にし、
ちょうど来ていたバスに乗り込んで一路神戸に戻ります。
有馬さん、また来たい温泉に決定です。


まー仕事の話はすっ飛ばして、
お昼ご飯には決めていたものがあります。
それは、明石焼き。
どこかないかなと三宮センター街を歩いていると、
地下に専門店を発見。
満席の中、空いていたカウンターの端の席に座るやいなや

 「一人前?」

 「ハイ、一人前」

と、ちょっとドキドキしつつ注文します。
周り、普通に常連さんみたいな人ばっかなんだもん。

そして、やってきた明石焼きをこそこそと写真に撮り
(デジカメのSDメモリを紛失したので、画像なしです)
さっそく出汁につけて食べますと、うん、美味しい!
ふわふわのたまごにタコが実に良いです。
出汁までキッチリ飲みきって、ご馳走さまです。

その後は地下鉄海岸線にて御崎公園まで向かいます。
でも、あんまりサッカー観戦みたいな人が乗っていません。

えぇ、そりゃそうです。キックオフ4時間前なんですから。
どれだけ待ちきれないんだと(笑)
本当は良い喫茶店でも探してお茶するつもりだったのですが、
間違って向かってしまいました。


御崎公園駅からさぁてどっちだ?と歩くと、
程なく左手にでっかい建造物が!
普通にマンションとかの間に建ってるんですけど。
そして、スタジアムという感じが薄いのは、
開閉式屋根のスケールのでっかいギミック付きだからでしょうか。
スポーツ公園的な中に建っていないのもあるかな?

そんなこんなでやって参りましたホームズスタジアム神戸

2002年ワールドカップ招致を機に神戸市立中央球技場を改築し、
神戸ウイングスタジアムとしてオープンしました。
個人的には、日本でのワールドカップ開催スタジアム観戦は

 ・札幌ドーム
 ・宮城スタジアム
 ・カシマサッカースタジアム
 ・埼玉スタジアム
 ・日産スタジアム(横浜国際)
 ・九州石油ドーム(大分ビッグアイ)

以来の7ヶ所目です。
新潟と長居で制覇です。

そして、このスタジアムをホームとしているのが、
昨年J2を戦ったヴィッセル神戸です。
今年は羨ましくもJ1の舞台で戦っちゃっています。
そんなかなり気になるスタジアムですから、
神戸に来てるなら行かなきゃね。
ちょうど神戸空港からの飛行機で19:40ってのがありまして、
試合が16:00?18:00ですので、実に行けって感じのピッタリさです。

でも、幾らなんでも12時過ぎに到着している必要は無いんですよねぇ。

どう暇を潰そうかと、
でっかいなぁ?なんてまだ閑散としている周りを散策していると、
なんか正面入り口から入れるみたい。
喫煙所もあるし、ギャラリーもあるから、時間も潰せるかな。

そして、中に入ると、奥にレストランの入り口がありました。
そう、このスタジアムは中にレストランがあるんですね。
それも、ピッチと同じ高さのゴール真裏にです。
臨場感溢れる視点で観戦しながら食事が出来るという
全く持ってけしからん素晴らしい場所なんですね。
でも、下調べをしたら予約が必要みたいだし、
ちょっとお高めのようでもあるし。

入りたいんだけどなぁ?と思いつつ覗いてみると、
どうもこの時間なら普通に入れそうな感じ・・・
それも、パスタセットで1,000円とかって、リーズナブルじゃない?
店員さんに訊いてみると、大丈夫とのことで、
ホッとしつつ中に通されたら・・・
空いてるとはいえ、思いっきりゴール真裏じゃないですか!



ゴールネットなんてすぐ目の前ですよ!
こんな素晴らしいロケーションなのに、ガラガラだなんて
とっても勿体無いなぁと思ったりして。

で、注文したパスタなんですが、出来心でジュンサイのパスタにしたら、
これがとっても微妙なものでした(笑)
普通で良かったね。
それでも、スタジアム全体を見渡せる場所での食事体験は貴重でした。

レストランでだいぶ時間が潰せたので、その後ギャラリー見学して
入場にちょうど良い時間となりました。
有馬温泉駅前のコンビニで買っていたチケットは
もちろんホームゴール裏。



大旗の下辺りがレストランですね。

専用競技場なので、ピッチも近く素晴らしいですね。
でも、なんか変だなぁと思っていたら、
いつの間にか屋根が閉まっていました。
レストランに居るときに雨が降っていたのですけど、
いつの間にか閉めちゃったんですね。
もちろん閉めるところを見たかったのは言うまでもありません。

屋根の閉まったスタジアム。
先日の札幌ドームもそうですが、違和感ありますね。
空が見えないってのは。
でも、雨に濡れないのはやっぱり最高です。

一応ですね、グッズの何も持っていない上に、
超ラフスタイルで短パン&サンダルなものだから
足首のベガルタカラーミサンガが丸見えで、ちょっと気まずい・・・
ゴール裏の端の席にしたのですが、どんどん神戸サポがやって来て
その度に大人しそうなエリアに移動です。
でも、もうちょっと固まればいいのにねぇ。
向かい側の清水エスパルスサポーターは、
かなりの人数が来ていて密集しているので、圧力を感じます。

中に入ってもやっぱり暇なので、スタグルメでも堪能しようかと
売店を見てまわりますが、神戸的なものを発見できなくて残念。
仕方なく喫煙所に出ると、あぁ、怖そうな神戸サポいっぱい。
こちらは丸見えのベガルタミサンガついてますからねぇ。
それにしても、昨日まで30℃と北国さんには厳しい気温でしたが、
今日はいきなり寒いくらいになっています。
半そで短パンは寒すぎですね。
荷物は三ノ宮駅のコインロッカーですから、後戻りは出来ません。


そんなこんなでピッチ内アップ開始時間。
段々と応援も盛り上がって・・・って、なんか感じが違うなと思ったら、
ピッチ内アップ時にメンバー紹介するんじゃなく、
フェアプレーフラッグは入ってからするんですね。
そして、屋根が閉まっているからか、スタジアムDJの音量が大き過ぎて
反響しまくりな上に直ぐ近くがマンションでしょ?煩くないのかな?

試合内容は清水が繋いで攻めるものの、神戸DFがしのぎ、
フェルナンジーニョが思っていたよりも効いていなかったので
好ゲームになっていましたね。
しかし、萎えるのはどこにでも居る野次飛ばす面々。
気の利いたこと叫ぶならまだしも、

 「バカー!バカー!」
 「矢島バカー!」
 「どっか行っちゃえ!」

みたいな、お前は小学生か(笑)みたいな野次を延々飛ばしてる
見た目ちょっと怖いお兄さんにガックリです。
そして、バンバン音がするなと思ったら、
靴で壁のステンレス部分をバシバシ叩いてるのね。
スタッフが近くに居たんだから、止めるべきだと思うんですけどねぇ。

と、ヘンテコな人も居る付近で見てましたが、
見事大久保のゴールが決まり大盛り上がり。
神戸はともすると降格圏内に飲み込まれてしまう危機がありましたから、
値千金のゴールですね。

とってもいいスタジアムなんですから、
もっと盛り上がって欲しいなと思ったのでした。
そして、それと同時に、自分はココで何やってんだと。
自分の応援するチームを見ないでどうする!
無性に自チームの試合が観たくなってしまいました。


試合終了直前、混みあう前にとスタジアムを後にし、
地下鉄の駅へ向かいました。
今が17:50過ぎで、地下鉄で三宮に戻り、コインロッカーから荷物を出し
ポートライナーで19:40発の神戸空港へ。
時間的に余裕があるとは思いつつも、初めての地で
飛行機時間が迫ってますので、結構ドキドキです。

そして神戸空港に着いたのは、
スタジアムを出てちょうど1時間後の18:50でした。
お土産を買う時間があってひと安心です。

いやはや中身の濃い出張でした。
もちろんお仕事は完遂ですよん。

お仕事ですが旅紀行 -ありま!出張なのに!-

出張二日目。

相変わらず暑い神戸ではありますが、どうも午後から天気が怪しい模様。

えぇ、お仕事なんだから、天気なんてあんまり関係ないんですけど、
傘を買うとするとタイミングが難しいものです。
すぐやんじゃったら邪魔な荷物にしかなりませんからねぇ。

仕事は午後の早い時間で終了となったもので、
本日は早い時間から宿泊場所へ移動です。

本当はパックで2泊とも同じビジネスホテルを押さえていたのですが、
水曜のサッカー観戦後、敗戦のショックで壊れてしまい、
思わず有馬温泉の予約をポチッとしてしまったのでした。
なんつーんでしょ
衝動的に予約したにしては少々お高めな諭吉3枚弱。。。
なにしてんでしょ。

さて、せっかく有馬温泉に行くのですから、堪能しなくては!
道中も満喫しようと、ロープウェイでと思っていましたが、
雨予報もあるしサクッとバスで向かってしまいましょう。

乗り込んだ姫路交通のバスは、ちょっとした赤字路線の宮交バスのようで、
バラバラになっちゃうんじゃない?的な情緒があります。

満員のバスの中、スーツケースを抱えながら
小さくなりつつウトウトしていたら、
「次は有馬温泉」と聞こえたような気が・・・
慌てて降りたら、どうも雰囲気が違います。
あれれ?と、とりあえず印刷してきた地図を見たら、
どうも「有馬口」のバス停だったようで、
有馬温泉までは結構距離がある模様。

どうすんの!?俺!

とりあえず目の前の駅に入ってみたら、
ここから有馬温泉まで電車が出ているようです。
そして、それらしき電車が既にホームに待機しています。

ピンチ!

慌てて切符を買い、電車に乗り込んだら程なく発車しました。
危機一髪ですね。
でも、これが功を奏しまして、先頭車両の前方に乗ったものだから、
山間を抜ける様子が電車でGO!のように楽しめます。
こりゃ写真撮らねばと思っているうちに着いちゃいましたが。

さて、無事に有馬温泉駅に到着し、宿まで散策がてら歩いてみましょう。
お土産屋さんなどを覗きながら、温泉場の雰囲気を楽しみつつ・・・
のはずが、上り坂の連続で疲れちゃった。
そして、そろそろ宿が見えるはずと眺めたら、
あららららららら
長?い階段のてっぺんにあるのが、どうやら目的のお宿らしい (泣)

無駄に重いスーツケースを抱えながらハアハア登っていたら、
好青年が駆け寄ってきて荷物を持ってくれました。
いやぁ、助かりました。
そして、そのまま宿まで入っていっちゃって、
フロントでニコリと。
あらら、従業員の方でしたか。

お世話になりますとチェックインし、
愛想のいい仲居さんに部屋まで案内してもらいます。
実に感じが良く、一晩ですがのんびり過ごせそうです。
それにしても、一人なのに8畳間2つは持て余しますね。
広過ぎだっつーの (笑)



さて、ひと息ついてもまだ日が高いので、
せっかくですから公衆浴場も満喫しましょう。
下調べをほとんどしないままに来たもので、
有馬は炭酸泉が有名ってくらいの知識がなかったのですけど、
大きく分けて3種類の
・褐色の含鉄強食塩泉
・無色のラジウム泉
・無色の炭酸泉
があるらしく、褐色のお湯を金泉、無色のお湯を銀泉と呼ぶそうです。

宿を出るとすぐ温泉寺があり、そこから少し歩くと銀の湯です。
結構イマドキで小奇麗な銭湯って感じですね。
躊躇なく入りましょう。

炭酸泉、ラジウム泉とのことで、お湯は無色透明。
柔らかな感触で、湯温以上に温まる感じがします。
ゆっくりと長湯したいところではありますが、
ハシゴの都合上、湯当たりしない程度で切り上げます。
何度もゆっくりと入りたいお湯ですね。

湯上りには、もちろん「ありまサイダー」を飲まないとね。



すっかりポカポカになりながら、散策は続きます。
竹細工屋さんを眺めながら坂を下り、
次なる目的地へ。

途中、足湯がありまして、茶色のお湯が雰囲気あります。
ひと休みと足を入れると、少々温め。
見れば最下流のようで、込み合う上流はきっと温かかったのでしょう。



その横には太閤の飲泉場があり、もちろん飲みます。
気持ち的にはがぶ飲み希望なのですけど、
まぁ、晩御飯もありますしね。
というか、さっきのサイダーの炭酸が胃内で暴れています。

さぁて「金の湯」はどこかなと思ったら、
ココだったんですね。
裏側から回ってきたので気がつかなかった。



こちらはお湯が二階にあり、銀の湯よりも少し大きいかな。
颯爽と服を抜いて浴室に入ろうと思ったら、
出入り口のところでマッスルなポーズを繰り返すアジア系な若者一人。
ちょっと・・・やめてくれる?(笑)

目を合わせないように中に入ると、
おー!見事な茶色のお湯。
銀の湯とは本当に全く違います。
最初に思った印象は、

 「味噌汁みたい!」

でした。
お湯の感じもまた違い、ちょっと唇に触れると塩辛いです。
これまたいいお湯でございます。

十分に満足したので、そろそろ宿に戻ろうかなと思っていたら、
珈琲の文字発見!
そうです、私のライフワークは旅先での喫茶店探し。
でも、ちょっとお洒落過ぎるような気がしますけど。

美味しい珈琲を頂いて、また長い階段を登って宿へと戻りました。

晩御飯は少し遅めにと言ってあったので、今度は宿のお風呂です。
仲居さんの話によると、ここは金の湯に近いけれど、
色は薄いながらも塩分濃度が高いそうです。
へぇ?と思いつつ内湯で少し温まってからおもむろに露天へ。
うん、確かにさっき入った金の湯よりは色が薄い感じです。
ちょっと温めのお湯に入っていくと、金の湯では感じなかった
ピリピリとした刺激があります。
おっ、違う違う!と顔にざぶんとお湯を掛けると、
うわー、断然塩分が強いです。
不用意に顔に掛けると血圧が上がってしまいそうな雰囲気です。
でも、温泉は刺激があるほどに入った気になりますね。

部屋に戻って涼んでいると、晩御飯が運ばれてきました。

大広間でかなと思っていたのに、部屋での晩御飯。
なにしろ一人ですからねぇ。
これはどうなんでしょう (^^;



画像は第一便。まだまだ来ます。
全13品。松茸尽くしな内容であります。
たいがい旅館でわんさか出てくる料理なんて、
一口手をつけてみたいな感じで完食することないんですけど、
全て食べ切ってしまいましたねぇ。
「2人で召し上がってください」なんて紙の乗ってた松茸ご飯も、
炊き上がりの香りの良さに軽く食べてしまいました。
うん、満喫。

食後、のんびりするのも限度があるので、
やっぱりテレビを見ちゃうのが悲しい性です。
寝る前にもう一度温泉に入り、お休みとなりました。

いい湯

超満喫中。

太閤秀吉もこよなく愛した湯は結構でございます。

お仕事ですが旅紀行 -初日は穏やかに-

譲れない信念がある。
それがプライド。


自他共に認めるダメ社会人を完遂し、
仕事では超内勤。
プライベートでも割と引き篭もりと、
人としてもダメな域に突入しつつある私。

それなのに、最近とってもアクティブ。
見た目だけですけど。

今日も朝から仙台空港に向かい、
ふらっと伊丹まで飛んできました。
アクティブっぽくて実に不本意です。

不本意といえば、飛行機に乗る機会は増えたけど、
パックツアーに早割りの都合、そして時間的な問題と
ANA2往復、JAL2往復なんてマイレージにとっては
全く嬉しくない状況になってます。


それはいいとして、9月も下旬になれば気候も穏やかになるものですが、
あらかじめ調べていた天気予報でも嫌な予感がしていました。
仙台じゃ最近では夜なんかすっかり涼しくなっておりまして、
昨日なんかも寒いくらいでしたよ。

えぇ、試合内容も寒かったから、なおさら骨身に堪えたんですけどね。

ある程度暑いのを予想してはいましたが、
何この近畿の暑さは!
寒冷地仕様のこの体、いまさら30℃超えになられても
対応できるはずありませんよ。
三宮で高速バスを降りたら、一気に汗だくになってしまいました。

気持ち悪い・・・

さて、とりあえず午後の予定をこなし、これから上司と晩飯です。
今回の出張は、私と先輩、その上の上司の3人で来ましたが、
もういい加減馴れ合った新鮮味のない男3人、
仕事以外は全く別行動です。
とりあえず一回くらいは晩飯食おうとの暗黙の了解で
今夜ご一緒しますが、先輩の一人は野球観に行っちゃいました。
上司は上司で明日は京都に泊まるそうで、予定はバッチリの模様です。

そして私は、それなりに予定盛りだくさんです。
出張なのに (笑)
もちろんお仕事はちゃんと済ませてのオプションですので・・・

そーいや、今週末はF1日本GPなんでしたね。
鈴鹿だったら行っちゃってたかもしれないんですけど、
残念ながら富士なんですよね。
勿体無い。

さぁて、今夜は神戸牛か明石焼きか。
何を食べましょうね。
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
08月 | 2007年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。