スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年で3回

年に3回という頻度はどんなものなんでしょう。

月でいえば12回。
巡る季節に合わせれば・・・4回。
半期に一度の謝恩だと、2回。

小中学校なんかだと3学期制?
普段カジュアル通勤の私が年にスーツを着る回数、それは3回程度。

クルマで言えば、
オイルを年に3回くらい換えるなら普通かな?
最近不真面目な私がワックスを掛けるのも、年3回くらい。

そんな感じだと、1年で3回は特別驚く頻度ではなさそうですね。

それじゃ、タイミングベルトを年に3回交換するのも、
結構ありがちなことなのかもしれません。
イタ車のタイベルなんて、油脂類みたいなものなんですから。

経緯としては、

1回目 2008年4月7日
2回目 2008年10月27日

のような感じで交換し、一応チェックはしておこうということで見てもらったら

先日のチェックの様子

現象が再現されつつありまして、
これは早いうちに根本的な原因を解決した方が良いと
主原因と思われる部品を予め入手していました。

そして、ようやくタイミングを合わせて先日木曜夜の入庫となりました。

そもそも、ベルトのズレの原因として、
プーリー部分、そしてそれが固定されている
台座部分の問題じゃないかと推測しされましたが、
もっと大掛かりなクランクの方やエンジンブロック事態の問題という線も
無いとは言えないので・・・恐ろしや。

金曜に作業経過を連絡してもらうことになっていましたが、
夕方くらいに届いたメールには

「電話をください。」

とだけ・・・
この短いながらも恐ろしいメールは何でしょう。
慌てて電話してみました所、
問題はやはり指摘の部品だったということと、
ベルト再利用の確認。
この安堵はなんでしょう(笑)
傷の入っているタイミングベルトは新品にしてもらうことにしました。

そして土曜日。
お昼前に

「完璧」

とのシンプルメール。
いやぁ、これは嬉しい。

夕方くらいに伺い、さっそくお話を聞きます。

部品

こんな感じでエンジン横にくっついていますが、
ベルト込みのレイアウトの様子は他サイトの写真をご覧ください。
直リンですみませんです。

そして、プーリーを外して台座の方を見ますと、
なんとなく斜めです。

部品2

ざっくり測ると、コンマ数ミリ程度の傾斜のようです。
イタリアの職人のおっさん、ワイン飲みすぎて削ったか?
なんて疑いを持ったか持たないかは別として、
何らかの傷でもつけて、後から削ったんじゃないかとの推測に。
それにしても、実にレアなアクシデントでございます。

この僅かな傾斜に締めこまれたプーリーが収まってしまい、
そこに乗るベルトが外へと逃げるような力が掛かり続け、
そのすぐ外にあるベルトに接触して削れていくということのようです。
全てが明るみに出ました。
そして、10月に換えていたタイミングベルトは
既に削れ掛けています。
この調子で削れていけば、いずれブチンと切れるのは容易に想像が出来ますね。

いやぁ、根本的な原因がつかめて本当に良かったです。
でも、春のオイル交換のタイミング辺りで
また軽くチェックはしておいた方が確実ですね。

ARPのKさん、本当にお世話になりました。

帰り道、水温が上がってきた辺りで回転を上げてみました。
「パワー感が!!!!」
なんて気のせいみたいなことはありませんけど、
まず確実に気付いたのは、
回転が上がる際に出ていた高周波の異音が消えました。
これは干渉していたベルトから出ていた音なんでしょうね。
それだけでも不安感無く回せるので、
とても気持ち良く運転することができます。

でもね・・・
このエコの時代、3千回転くらいで走っていた方が
環境には良かったんでしょうね。

スポンサーサイト

ようやく

ダラダラと半端に打ち続けていた

2月7日2月8日が仕上がりました。

ただ長いだけの行動記であります。

まだなのですが

えーっと、
このまま寝ないで行った方が良いんじゃない?
みたいに思えてくるほどヤバイ状態ですね。
明日の朝に後悔するのは目に見えています。

仕方がないので、ウイスキーを飲んでみましたが、
あんまり遅くに飲むと、翌朝酒気帯びになってしまう恐れ有りで、
なんかねぇ。


さぁ、どうやったら寝れんだっけ?

寝れねぇ

週末になると一気にモードが変わっちゃうのは仕方ない所として、
金、土と明け方4時頃就寝していたものだから、
明日月曜のくせして寝れないのですね。

そりゃ、当たり前なんですけど。

困ったぁ~

今はすげー無敵だけど、
明日の朝には後悔ばかりの最弱になるのは解ってるんです。

一日24時間?
人それぞれのサイクルにはならんもんかね?>どっかのエライ人

部品調達

先日の診断で、ココが元凶だろうという判断に至りまして、
部品で取れるとのことから早速発注を掛けてもらっていました。

本国からのお取り寄せになるんだろうし、
しばらく時間が掛かるだろうと思っておりましたら、
「あったよ」との連絡を受けてビックリ。
あるもんなんですね。

しかし、ずっしりと重量感はあるものの、
えっ!そんなするんだぁって感じのお値段。
ベルトが再利用できるくらいの早い時期に作業依頼しなくては。

ベース
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
01月 | 2009年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。