スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1開幕

漢たるもの、
強さ、太さ、硬さ、高さ、深さ、速さにはこだわるものです。

とりあえず、「車バカ」カテゴリーの投稿なので、
速さにこだわってみたいと思います。

とはいえ、クルマなんかは速けりゃいいってものでもなく、
真っ直ぐだけ速くてもアタマ悪いみたいです。

ドカーン!と加速して、
グググッっと減速して、
カキーン!と曲がるからカッコいいのです。

自分のクルマでやろうとすると、
低い所で限界がきてしまいます。
だから、他人様のクルマを見て喜ぶわけです。

そうなると、湯水のように金を掛けて競い合う
F1を観るのですね。

さて、そのF1ですが、
このところのレギュレーションの改悪に加え、
昨年のスーパーアグリの撤退騒動で
若干・・・いや、結構興味を失っていました。

ワークスチームの技術力合戦もいいでしょうけど、
プライベーターのような弱小チームが
ドライバーのスキルで順位を上げるというのも
面白さのひとつだと思うんですけど。

スーパーアグリの撤退に
どういう政治的力が働いたかは良くわかりませんが、
ホンダのニック・フライが・・・なんてことを聞いていたら
金融危機でホンダが撤退。
そーら見たことかと思っていたら、
ロス・ブラウンがホンダのチームを買収???

なんだそりゃ的な新チーム発足ですけど、
テストを見るとブラウンGPが速いみたいじゃないですか!

ホンダは2008年シーズンをズタボロで終えましたが、
早々に2009年シーズンに向けて開発を進めていたようで、
ブラウンGPはスーパーアグリが型落ちのアローズを流用したのと違い
最初から戦闘力のあるシャシーを手に入れたのです。

そして、エンジンはホンダではなくメルセデス製の載せ、
更に戦闘力をアップさせました。

これでテストでもコンスタントに良いタイムを叩き出し、
そのままに開幕のオーストラリアGP予選で
楽勝のポールポジションを獲得してしまいました。

これを見て、ホンダは何を思ったのでしょう。

さて、今年のF1は、またレギュレーションが変わり、
エンジンはシーズン8基、
スリックタイヤの復活、
ダウンフォースの低減によりリアウィングが小さくなり、
なーんか格好悪くなって、
そしてKERSシステムと呼ばれる運動エネルギー回生システムを利用でき、
漫画か!と思えるような加速ボタンを使うことができます。

まーね、格好いいのがF1と思うんですけど、
リアウィングのバランスの悪さはいただけません。

さてレースですが、
まー色々ありますね。
ウィリアムズの戦闘力高いのに、
一貴何してんの?
バリチェロ、スタート大失敗ながら良くやったわね。
クビサ・・・

バトン、バリチェロのブラウンGP1-2フィニッシュ。
ホンダは何を思う。

さて、土日とF1を堪能できたわけですが、
実はスカパーをe2に変えたもので
フジテレビの契約を止めちゃったんです。
だって、今年から値上げするって話なんだもん。
F1くらいしか見ないのに。
3月いっぱいはHDの方のチャンネルが無料ということで
予想外に観戦できたのですが、
さて来月からどうしましょう。
スポンサーサイト

身も心も寒いのです

天気予報で分かってはいたことですが、
午後から雪が降り出したときには
えぇ~と言うよりは変なモードに入ってテンション上がっちゃった(笑)

上司を含め、職場のベガサポは天候など関係ありません。
朝から「寒いよ~」「雪だよ~」と嘆きながらも
顔は笑ってる困ったさん達です。

仕事も超特急で定時で終わらせ、
というか、上司はビックリのスピードで着替えをしていて、
乗り合い4人でスタジアムへ向かいました。

えぇ、サラサラと降っていますね。
超寒いです。
厚着してるのですが、
顔や手が真冬並みに寒いです。

雪の舞い散るスタジアムは
幻想的で綺麗です。

雪の宮スタ

それでも勝てばいーんです。

でも、エリゼウのあり得ないミスで失点。
負けちゃいました。

これまで3戦、
エリゼウで助けられたこと数えきれずですので、
責めることなどできません。

さぁ、次!次頑張ろう!

次は職場のベガサポが集ってスポーツバーで観戦です。


懸案の帰路でしたが、
駐車場渋滞もそこそこに抜け出せて、
無事試合終了後1時間で帰宅できました。
上等です。

でも、雪の観戦はもういいわ。
犬飼さん、余計な秋春制をゴリ押しするの
止めてもらえません?

さーて、
勝負事は勝つこともあれば
負けることもあるさ。

やけ酒飲んで寝ちまおう!

早速の試練

今年のJ2ってのは過酷なのです。
1年なんて52週くらいしかないのに、
今年の試合数は51試合。

おかしくない?

そんな世界一過酷なリーグを観れるというのは、
ある意味誇らしいわけで。

えぇ、皆勤目指して行きますとも。

で、3月から12月上旬までの間に51試合ですから、
平日に開催しないと計算合わないわけです。
平日、ホームなのに利府まで遠征というのも
仕事も距離も大変です。

そんないつかは来る平日開催ですが、
何も早々に来なくてもねぇ。
先日ホーム開幕戦だったのに、
さっそく明日は平日夜の試合です。

行きますけどね。

でも、行くのは良いとして、
問題は東北の3月はまだ寒いってこと。
ちょっと厚着で行かなきゃダメだよね?

なんて生ぬるいことを考えておりました!

しばらく前の週間天気予報から、
どうも怪しげな雰囲気になっています。

雪マークなんか出ちゃってます。

( ´゚д゚`)

以前、ユアスタでも雪の中の試合を観戦したことはありますが、
結構幻想的で綺麗だった記憶があります。
そう何度も経験したいとは思いませんけどね。

気温とともにテンションは下がり気味なのですが、
本日、注文していたブツが届きました。
職場の人経由でちょいとお安く入手できるのです。

2009レプユニ

2009年バージョンの新レプリカユニフォームです。
左右非対称のデザインとなっております。

さぁ、新しい戦闘服もきましたし、
ガッチリ厚着をして応援してきましょう。


で、仕事は定時に終わらせることができるのか?

ホーム(?)開幕

既に開幕はしちゃってる2009年J2リーグ。

仙台は第1節の札幌戦に勝利したものの、
第2節の今期J2に昇格したばかりの岡山に引き分けと
波に乗りきれないままに今節鳥栖戦を迎えました。

鳥栖はストライカーの藤田が大宮へ移籍し、
攻撃力としては落ちたのでしょうけど、
まとまりのある良いチームであることには変わりないはず。
やはり第1クールの前半は厳しい戦いが続きます。

さて、今期の仙台ですが、
ホームスタジアムであるユアテックスタジアム仙台が
芝の張り替え改修のために6月いっぱい使えず、
宮城スタジアムでの戦いとなります。

この宮城スタジアム、
2002年WC決勝トーナメントでのトルコ戦で
雨中の敗戦にて一気にマイナスのイメージがついてしまいました。

そもそも、この宮城スタジアム
国体用に作られたのですが、
リーグとしてサッカーに使用するには
いささか問題があります。

先ずは構造的な問題から。
陸上トラックがあるという点では、
他にも陸上競技場を利用しているチームがあるので
一概に駄目出ししてはいけませんが、
スタンドの傾斜が緩いためにピッチとの距離が遠く
臨場感に欠けます。
定席のバックスタンドで言いますと、
コンコースが最上段にあるため、
全ての席は上から下っていくこととなります。
本来良い席であるはずの前列が、
観にくい上に何かある度階段を上り下りしなくてはならないという
嫌がらせに近い状況となります。
最上段ということは、入場ゲートも上にあるわけで、
スタジアムに入るために小高い山を登らなければなりません。

そして、トイレの数が少ないため、
ハーフタイムは大行列です。
売店も収容人数に比して少ないので、
これまた大行列になりがちです。

さらに、伊達政宗の三日月をモチーフにしてるとかで、
デザイン優先のしわ寄せとなったのが屋根です。
半端な屋根は席を半端にしか隠さない上に、
本来ならば雨風をしのぐべきコンコースが
吹きさらしになっているという始末。

そしてオーロラビジョンがホーム側ゴール裏にあるため、
ホームのサポが見難いというお客様優先設計。

次にアクセス。
先ずは、仙台じゃなく隣町の利府町にあるんですね。
いや、それはいいんですよ。
利府町に罪はありません。
そこに行くアクセス手段が問題です。
箱の大きさの割に駐車場が少なく、
また駐車場に接続する幹線道路が少ないため、
大渋滞が起こり出待ちにえらい時間が掛かります。

では、公共交通機関は?といいますと、
最寄りの利府駅、岩切駅から結構距離があります。
ずっと上り坂ですし。
シャトルバスは、WC時には近隣からバスが集められて
それなりのスループットは確保出来ていたようですが、
やはり問題。
でも、これが一番計算出来ます。

それもこれもね、比較する相手が悪いんですよ。
普通だったら、これで仕方ないなと満足しちゃうかもしれません。
全ては仙台スタジアムが悪いんです。
ユアテックスタジアムが悪いんです。

アクセス最高。
地下鉄駅から徒歩3分もあれば着くかな?
我が家からは自転車で10分弱です。

収容2万人弱という中規模の箱ですが、
全周屋根付き雨でも怖くありません。
トイレも売店もストレスフリー。
球技専用スタジアムなので、臨場感抜群。
屋根のお陰で声援が反響し、
仙スタ(ユアスタ)劇場と呼ばれる空間を作り出します。

こんなのがあっちゃ、比べられる側が可愛そうです。

それでも一番の問題は、

宮城スタジアムでは勝ったことがなーい!

ジンクスとは判っていますがね、えぇ。
5敗2分とはいえ、J1時代は動員の見込める競合との対戦が多く、
悪い印象がついてしまったのは不幸なことです。

勝ち続けるならば、どんな悪スタでも良スタと言えるでしょう。

でも、使わないでくれるなら、それでも良いんだけど・・・
今年はどうしょうもありませんねぇ。
先ずは一度勝って、
サポーターの方が気にしてると思うけど、
ジンクスを打ち破って欲しいものです。


そしてやってきました朝。
宮スタかぁ・・・なんて思っていながら
早起きしてしまうのは遠足前の子供のようです。
熱出さなくて良かったくらい。

今回のアクセス手段としましては、
先ずは様子見ということでシャトルバスを選択。
ユアスタから出ますので、
まぁいつもと同じような雰囲気ですね。

試合開始3時間前。
さほど並んでいないので、
あっさりと乗れちゃいました。
30分ほどの乗車で宮スタ到着です。

さて、今年からは年間チケットは紙の冊子ではなく、
ICカード化されまして、
入場はピッとかざすだけのワンタッチパスとなりました。
Edy機能まで付いちゃってます。
便利で良いのですが、なーんかなくしちゃいそうだし、
そもそも紙のチケットを一枚づつ切り取る楽しさがないのは残念。

スタジアムに入ると、もう風が吹き抜けて寒いのなんのって。
防寒しっかりとしてきて良かったですよ。

そんなこんなで試合は始まりました。

2009開幕

この2節のチグハグな戦い方が嘘のように、
鳥栖を圧倒した内容。
でも、決めきれない。
と思ってたら、コーナーキックからエリゼウのヘッドでゴール!
その後もチャンスがありながらこれまた決めきれず、
そういう試合でありがちな終盤にきての大ピンチ。
しかし、そこをしのぎきり、
見事、宮スタでの初勝利となりました。

ジンクスは絶たれるためにあるものです。
ここから勝利を積み重ねていきましょう。

午後のひととき

珈琲が好きです。

喫茶店で飲む美味しい珈琲はもちろん好きですが、
毎朝慌ただしい中で淹れる珈琲もまた好きです。

職場について条件反射のように買う缶コーヒーもまた好きですが、
私的こだわりとしては、
缶とインスタントは「コーヒー」です。
「珈琲」はちゃんと淹れたものだけ。

そして、私は淹れるというプロセスもまた好きです。

以前も打ったような気がしますけど、
ミルでゴリゴリ挽いているときが好き。
ここしばらくは均一に挽けるってことで電動頼みですが。

そして、紙フィルターにこんもりと豆を入れ、
お湯を注いで膨らんでくる様子が好き。
こんもりと空気を含んで膨らんでくると、
美味しさが凝縮されているような気がします。

そして、ゆっくりとお湯を注ぎながら、
カップに落ちる珈琲を想像しているときが好き。
ドリッパーを外し、
カップを手にとって香りをかぎ、
香ばしくも芳醇な仕上がりに満足します。

まぁ、ここまででほとんどの楽しみは完結しているんですけど、
そりゃ飲みますね。
苦みの中に酸味、甘みを感じ、
スッと消えていく後味にほっと息を吐き出します。

実に至福です。

これを一番感じられるのは、
やはり休日の昼下がり。
日が傾きつつある一日の終わりを感じさせるひとときが
一瞬時間が止まったように感じられます。

これは、土曜よりも日曜が相応しいものです。

でも、本日はお休みの金曜日。
微妙な所ではありますが。


先月のことでしたか、
後輩の女の子がフリーペーパーを眺めていまして、
ふとのぞき込んだら美味しそうなケーキが載っていました。
密かにケーキ好きを自認する私、
かなり惹きつけられるケーキを見つけてしまいました。
でも、この手のお洒落なケーキを売っているお店は
たいがい街の中心部の繁華街辺りだったりするもので、
郊外生活者の私は敷居が高かったりします。

で、どこのオサレ店なのよ?
と小さく載ってる地図を見てみましたら、
見覚えのある地名。
あれ?近所じゃん。
それも、我が家からクルマで5分程度の。
ビックリです。

さっそくその週末に覚えていた地図を思い出しながら
近くを回ってみたのですが、
それらしき店がありません。

そして、しばらく忘れていました。

月日は流れ、本日。
切れてしまった珈琲豆を調達し、
家に戻る途中、
もしや・・・と思い、普段通らない裏通りに入ってみたら、
ありました、あの店が。
こんな所に?という感じです。

フランス国旗が飾られている小さくもお洒落な店です。
狭い店内ですが、良い雰囲気です。
そして、惹かれたケーキもありました。
ピスタチオを使ったケーキです。
ついでにチーズケーキも確保。

珈琲豆とケーキがあるのですから、
さっそく頂いてみましょう。

丁寧に珈琲を淹れ、
愛用している自作陶芸作品のカップに注ぎます。
箱から取り出したケーキは、可愛い感じですね。

ピスタチオケーキ

ピスタチオの風味が効いた、
とても美味しいケーキです。


ちょっと忙しく疲れ気味なこの頃、
こういう時間がリフレッシュに必要ですね。
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。