スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺るぎなき定型行事 サクランボ狩りツーリング

日本人ほど『形』を重んじる民族はないかもしれません。

時代を超えて伝統を守り続けるからこそ生まれる美というものが存在し、
現代風にアレンジすることを良しとしない年長者の意図は
若年者から理解されにくいものではありますが、
その中で僅かながらでも変化を生み出していくのが歴史というものです。


1991年の発足以来、何度目を数えたでしょう。
最多イベントには間違いのない「サクランボ狩りツーリング」

コースや会場の変更はあれども、
王道を貫き通すツーリングであります。
揺るぎなき定型イベント。

内容はと言えば、

 ・サクランボを狩る
 ・蕎麦を食べる
 ・アイスを食べる

こんな感じ。
一見、グルメツーリングにも見えがちですが、
侮ってはいけない過酷さが潜んでいます。

まぁ、ある程度プロの域に達しますと、
ペース配分なんかを考えちゃったりしますもので、
そうなると魅力半減。
初心に戻ってベストを尽くすことが大切です。


さて、いつもの作並温泉手前の駐車場で待ち合わせをし、
向かった先は昨年もお世話になったサクランボ農園です。
このサクランボ狩りというものは、なかなか難しいもので、
狩りの手技的なものは置いといてですね、
気温というものが重要になってきます。
梅雨の季節、雨が降るのは鬱陶しくて嫌なんですけど、
そもそもオープンカークラブのイベントで雨はイカンのですけど、
雨が降って気温が下がると、サクランボを美味しくいただけます。
しかし、梅雨の晴れ間となるとですね、
7月を前にしたこの時期だと暑くなっちゃうわけです。
山形の暑さをナメてはいけません。
天気は良いけどグッタリで、そのうえサクランボは生ぬるくて
食べ放題といえども速攻食が止まってしまいます。
実に難しいところです。

そんな本日は、曇りで暑すぎることはありませんが、
サクランボは程よく生ぬるい微妙な感じ。
更に、今回狩って良し!となった樹は、下の方にあまり実がありません。
脚立隊に頑張ってもらわないと。

脚立隊

そんなこんなで、お父さんが樹から落っこちたりと色々ありましたが、
程々に食べてお土産を調達し、サクランボ狩りは終了となりました。

サクランボ

では、お昼も近くなってきたということで、
農園から5分ほどのいつもの蕎麦屋さんへ移動です。
何しろ人数が多いもので、例年ですと一度に入れなかったりするのですが、
今年は時間が良かったのかピッタリ収容。
その後から混んできたようなので、今年はラッキーですね。

恒例の水車そばは、そば粉100%の非常にコシの強い上に太いという
実に漢らしい蕎麦です。
そして、コレを注文しないでどうする!なのが、板そば。
さらっと載せてあるので、さほど量無いんじゃない?と思ってしまう罠。
終盤になるほどに、俺は今、ガムを喰っているのか?と思ってしまうくらい
心身ともにやられてしまうのです。
そして、漢達は更なる極み、板そば大盛りを喰らうのです。
普通に食べてもやられること請け合いなのに、
サクランボ食べ放題の直後にブッキングさせる辺りは老舗PPFの成せる技。

そんなら、普通盛りとか食べればいいんじゃない?
なんて日和った精神では、伝統は受け継げないのです。

私と共にテーブルに就いたK田氏、TG瀬氏、なんとなく氏は
もちろんメニューなぞ見ず「板そば大!」と注文すると思いきや、
一番イカなくちゃならない、イカねばならないなんとなく氏が
普通盛りを頼みやがりました。
そして、別テーブルでも若手が一人大を注文しただけで、
他のみんなは天そばとかなんだかハイカラな物を頼む始末。

このようにして、やられる美学は失われていくのでしょうか。。。

そんなこんなで、大盛りはやはり優先されるようで、
他より早く出てきました。

板そば三枚

美味いけどね、美味いけどね、でもやっぱツラい・・・
勢いを止めてはいけないのです。
胃に落とすイメージです。
食後はすごくやり遂げ感があります。
そば湯がとても美味しいです。

こんなに苦しいのに、たぶん来年も食べるでしょう。

ふと思い出して、去年のブログを見てみた。
おやおや、去年もかなりやられて、次回は大盛りやめようと思ってたみたい。
先に読んで復習しておくんだった。
そして、来年の自分にもメッセージを残しておこう。

「大盛りはやめとけ!」

で、食べ終えた人から近くのJA天童に移動です。

おめざのサクランボを食べ、
そばで満腹になったら、
次はデザートですね。
良い流れです。

いつものJA天童にてラフランスアイスを食べなければならないのですが、
どうもそんなの入るスペースありません。
そばは腹持ちが良いのです。

でも、暑いしのどが渇いたなと眺めていると、
ラムネを発見。
かなり魅力。
壮絶に渇きを癒してくれそうな予感がしてきます。

買っちゃいました。ラフランスラムネ。
あけたら吹き出してきました。
その後、ラムネがちょっとしたブーム。

ラムネ

でもね、失敗なんですよ。
果汁0%の甘味が全然爽やかじゃないの。
強い炭酸が満腹感を助長するの。
余計にのどが渇いて、余計に満腹感が増しました。
でも、これじゃ悔しいので、
ラフランスアイスは食べました。
ジェラート別腹です。
最初からコッチにしとけば良かった。

そんなこんなでワイワイ談笑しつつ
混み出す前にと現地解散となりました。


ここから単独行動。

普通に48号線を仙台に向けて走っていましたが、
汗もかいたしひとっ風呂浴びようかな?と。
仙台に住んで早20年余り。
仙台市には有名な温泉がふたつありまして、
そのうちのひとつ、秋保温泉には昨年初めて入りました。
そしてもうひとつの作並温泉ですが、
まだ入ったことなかったもので、
せっかくだからと寄ってみることにしました。

公衆浴場は無いようなので、
旅館の日帰り温泉と思ったのですが、
有名どころは時間的にギリギリアウトのようです。
どうしようかなと少し走ると、日帰り温泉の看板発見。
旅館 岩泉」に入ってみました。

浴場の方へ向かうと、卓球台。
コレは最近見ない物ですね。
男湯ののれんをくぐると、誰もいません。
おー貸し切り!

お湯はアルカリ泉で無色透明無味無臭。
温泉ミーハーな私としては、ちょーっと物足りないかな?
秋保の方がそれっぽくて好きかも。

作並温泉


露天でものーんびり作並の湯を満喫して、
週末の疲れを癒しました。

露天
スポンサーサイト

the true king of pop, rock and soul

ほんの2ヶ月の間に、
悲しいニュースがこれでもかと飛び込んできました。


5月2日。
忌野清志郎が逝きました。

高校を卒業し、
一人暮らしの開放感の中で軽音楽のサークルに入り、
バンドを組んで仲間と毎夜練習して語り合った濃密なあの時間。
RCサクセションやタイマーズの曲も弾きましたっけ。
ライヴの最後は「雨上がりの夜空に」で盛り上がって。

そんな青春時代から20年。
曲を聴けば、あの頃にタイムスリップできます。
生きているからこそ思い出に浸れるのに。



6月13日。
三沢光晴が逝きました。

中学時代のプロレス全盛期。
学校での話題はプロレスばかり。
二代目タイガーマスクに熱狂したのはもちろんですが、
その後のエルボーと言えば三沢みたいな様式美にはワクワクさせられたものです。

プロレスは見なくなってしまいましたが、
子供時代に印象深く残っている選手の急逝は
とてもショックです。
それも、カラダの強さを売りにしている人なんだから。



そして今日、不世出のポップスター
マイケル・ジャクソンが逝ってしまいました。

私が洋楽に触れたのは、深夜に放映されていたベストヒットUSAでした。
土曜の深夜だったかな?中学生にしては夜更かしだったはず。
そこで観たマイケル・ジャクソンのBillie Jean、Beat Itに興奮し、
Thrillerに衝撃を受けました。
まぁ、その当時はデュランデュランやカルチャークラブが好きだったんですが。

FMで洋楽番組から録音し、気に入った曲だけダビングして集めて、
テープが伸びるまで聴きまくっていました。
もちろんマスターテープは保存しておく周到さで。

中学時代の多感な時期、擦り込むように聴いていたのが
マイケル・ジャクソンかもしれません。
その後離れていても、やはり特別な存在です。


そして、先日、ロンドンでの公演というニュースを見て、
しばらく動画サイトでPVなどを集中して観ていたばかりでした。

30年近く前なのに、格好いいんですよね。
色んなことがあったとしても、
やっぱり最高のスーパースターです。


青春時代に深く影響された私のアイドルの死は、
思い出の項を増やすことを終え、
製本されて本棚に仕舞われるようです。
これからは、たまにページをめくって懐かしむことにします。


ありきたりの言葉ではありますが、
ご冥福をお祈り致します。

春仕様

オープンカーたるもの、屋根開けてナンボです。


最近、というかしばらく、156にばかり愛情を注いでいたために、
駐車場のオブジェと化しておりました我がロドスタ「いちご大福号」ですが、
さすがにいつまでもスタッドレスタイヤを履いたままではいけませんし、
ハードトップを外さないことにはオープンにすら出来ません。


そうですね、もう冬も過ぎましたし、
春仕様に衣替え・・・・・・・・・


あああぁぁぁぁぁ、、、、
もう完全に梅雨入り宣言ではありませんか。

でも、これで気持ちが萎えて、
もう少し頑張れば、次の冬が来るよね?
なんて日和ってしまいかねません。

すっかりオープン乗りの血が薄れてしまったようです。


とはいえ、久々に何もない土日。
昨日は大掛かりな掃除などしてしまいました。
気分爽快です。

そして日曜日。
ちょっと岩沼までサッカーを観に行ってきまして、
帰宅したのが16時ほど。

やってやれない時間じゃないね。
じゃ、いってみっか。

まぁ、とはいえただのタイヤ交換ですから、
やる気にさえなれば大変なものでもありません。
とりあえず右前輪を交換。
次に・・・と思って気が付いた。

このタイヤ、向きあるよね?

恐る恐る装着完了した右前輪を見てみると・・・
嗚呼、やっぱり逆だった orz

「もう、やめやめ!」

と投げ出したい気持ちになりながらも、
さすがにコレで終わるわけにもいかないので、
気合いで気持ちを奮い立たせてやり遂げました。

ただのタイヤ交換なのに、なにこんな疲れてるんだろう。


ひと息ついて、考えた。
屋根外し、やってみる?

これまで何度も屋根装着&外し方をやってきましたが、
一人でやるのは絶対にやめようと心に決めていたのです。
だって、めっちゃ大変なんだもん。

でも、痛みというものは薄れていくものでして、
なーんか勢いついちゃたんですよね。

とりあえず、準備は万端にして臨みましょう。

置き場所の寝室の一角を片付け、
玄関を片付け、
ハードトップを包む布を用意して、
後は気合いを充填して。

屋根かぶり


DHT装着状態。

途中

布で包んで後ろの方へずらし、下に降ろします。
そして、おもむろに抱えて持ち上げ、
気持ちの糸が途切れないうちに運び入れます。

オープン!

オープンカーの出来上がり。

そして近所をひとまわりしてきましたが、
やっぱ気持ちいいわ~!

オープンカー乗りの血は、また沸騰してきたようです。

切れた

いやぁ、打ちたいことはいっぱいあるのに、
なかなか出来ないこの頃ですが。

ひっさびさのクルマの話題です。
話題がないってことは順調ってことでもある訳でして。
それはそれで良いことなんですけどね。


さて、とても順調な156さんですが、
昨日、出勤しようとエンジンを掛けましたら、
始動時に点るパネルのランプがひとつ消えません。

まぁ、そんなこともあるさと気にせず出勤 (笑)

でも、気付けば点いてるんですね。
今日も点いてます。
これは、単なる気まぐれじゃなくて、
普通に何かのトラブルを知らせているのでは?

なんて普通のことをようやく思いまして、
マニュアルを見てみたんです。

そーしましたら、どうやらランプ、ライト関係の表示のようです。
では見てみましょうか。
ヘッドライトはOKっぽいですね。
ブレーキランプは・・・
見れないや (笑)

もしやとストップランプの電球を外してみましたら、
切れてました!

そういうことで、買いに行きました。
でも、外した電球の規格の物が無いじゃん?
近いのにしとこう。

サクッと付け替えましたら、
パネルの表示も消えました。

確認はしてませんが、
たぶん点いてるよね。

鹿児島の旅・・・お肌ツルツル

指宿の夜は爽やかに明け、
今日はオプションの日となっております。

半日で鹿児島満喫とはいきませんもので、
やはりもう少し堪能していきませんと。

一緒に来てはいましたが、
初日以来別行動だった後輩の昨日の様子を聞くと、
どうもレンタカーを借りて観光地を巡った模様。
ムムム、やるな!

私といえば、今日一日特に予定も立てず、
鹿児島市に戻って行き当たりばったりでと思っていたのですが、
少々検討した方が良さそうです。

先ずは指宿駅まで戻り、
足湯に浸かりながら一日のスケジュールを練ります。

足湯


やはり機動力はあった方が良いよねと、
早速鹿児島中央駅付近でレンタカーを押さえます。
そして、なんとなく覚えていた観光地を線で結んで・・・

鹿児島までは、また「なのはなDX号」
黄色が鮮やかです。

なのはなDX


電車で鹿児島中央駅まで戻り、
レンタカー屋さんに迎えに来てもらい、
調達したのはデミオ。
何やらキャンペーン期間らしく、6時間保険付けても超特価!
素晴らしい。
カーナビあるし、無敵です。

時間がお昼近かったので、
向かったのは一昨日後輩と行ったら定休日でガッカリしてしまった
天文館にある「こむらさき
注文したのは「鹿児島黒豚チャーシュー入りラーメンで、
1000円払って食券というか札をもらいカウンターの席に座りました。
出された御新香を食べながら待っていると、

おー、キャベツたっぷりの上にチャーシューが乗ってます。
一昨日、違うラーメン屋で食べていたので、ある程度予想はついたのですが、
麺が素麺かと思えるくらいに白くて細いです。
博多のとんこつラーメンとはまた違った感じでしょうか。
スープは超絶サッパリ。
キャベツもあっさりだし、麺もクセがないしで、
トータルでもアッサリなラーメンです。
途中、紅生姜やニンニクを加えてみましたが、
それだけでがらっと印象が変わります。
毎日食べられるラーメンと言ったところでしょうか。

こむらさき


満腹になったところで向かったのは、港です。
タイミングが合ったらフェリーに乗っちゃおうかな?
なんて軽い気持ちで向かってみたら、
誘導されるままに走ってたら・・・船の中。
何というタイミングの良さでしょう。

フェリー内


5分もしないうちに出港となり、
車から降りてデッキへと上がってみました。
潮風が気持ちよく、この旅で一番テンションが上がりました。
もちろん、一番前まで行って両手を広げて
ひとりタイタニックをやったのは言うまでもありません。

桜島


桜島までの船旅はあっという間に終わり、
さーてこれからはドライブです。

桜島の御岳を眺めながら、溶岩流の跡なんかを見て
おおおぉぉぉ~と思いながらデミオを走らせ、
鹿児島湾の反対側をぐるっと回って向かったのは
霧島温泉。
やっぱね、温泉は絡めておかないとね。

カーナビに任せていたら、ヘンテコな山道へ入らされたりして
多少余計に時間が掛かりつつ着きました霧島温泉。
ココ、なかなか良いところですね。
案内所のような所で簡易地図をもらい、
すぐ近くの公衆浴場「カジロが湯」へ。
330円。うん、安い。
白濁のお湯は硫黄の香りです。
内湯でほどほど温まり、外の露天へ。
ところが、露天のお湯が熱いのなんの。
のんびり入るというわけにもいかず、
内湯でお湯を堪能しました。

カジロが湯


さて、何故霧島温泉に来たかと言いますと、
昨夜後輩と観光相談をしていたときに、
とある泥湯が気になっちゃったのです。
砂風呂もそうですけど、珍しいものはとりあえず行っておけ!と。
ただ、ガイドブックを持っていた後輩から話を聞いただけだったので、
すかり霧島温泉にあるものだと思っていたら、
もらった地図を見てビックリ。
実はちょっと離れた霧島神宮温泉郷にあるとのこと。
無計画で向かうからこうなるのです。
でも、レンタカーがあるので無敵です。
すぐに向かっちゃいます。

で、霧島神宮温泉郷というくらいですから、
霧島神宮が近くにあるわけです。
行かないといけませんよね。

馬鹿正直に真っ正面に車を停めたおかげで、
長い階段を上る羽目に。
でも、緑の深い参道がとても綺麗で、
かなり良い散歩になりました。

霧島神宮


しっかりと過剰なくらいに参拝し、
お守りを買っておきました。

霧島神宮2


戻る途中で石碑を発見。
君が代の歌詞の中に出てくる「さざれ石」だそうです。
なんかちょっと感動。

さざれ石


車に戻り、では目的地の「さくらさくら温泉」へ。
地図を頼りにようやく着きましたが、
観光バスなんかも居たりで観光スポットなのかな?

さくらさくら温泉


700円で中に入ると、まずは小さめの内湯。
こちらも霧島温泉と同じような白濁の硫黄臭のするお湯なのですが、
ここの方が白濁が濃いかな?
お湯の柔らかさではこちらの方が気持ちいいです。

ある程度温まったところで、露天のある外に出ます。
先ずは湯船に入って様子を伺うのですが、
これがまた不思議な光景。
3人ほど居るんですけど、
1人が泥を全身に塗りたくっている最中で、
残りの二人が椅子に座って乾燥中。
それも、髪と目以外泥に包まれてグレー一色になって。
変な光景です。
その3人が泥を落として出て行った後で、
私も泥湯というか泥パック体験をしてみました。

石の器のような所に入った泥をすくい上げ、
躊躇なく全身に塗ります。
顔から何からそりゃ全身です。
そして、そこから乾燥です。
が、ここで失敗に気が付きました。
もう既に時間は夕刻。
暑かった九州の気温もすっかり下がっています。
風も出てきて寒いんですねぇ。
もう少し湯船で温まってからにするんだった。

ほどほど乾燥したかなって頃合いで泥を流し、
湯船で体を温めます。
ここでもお湯の良さを実感しますね。
この温泉にはまた来たいです。

さくらさくら温泉


湯上がり、ジュースを飲みながらボンヤリしていまして、
ちょっと腕なんか触ってみたら・・・
ツルツルでビックリ。
というか、有り得ないツルツルさに笑ってしまいました。
硫黄臭いけど。
女性には素晴らしく良い温泉でしょうね。
泥パック最強です。

ここからは宿に戻るだけなのですが、
明日日曜の朝イチの飛行機で帰仙するために、
空港横のホテルを取っているのです。

硫黄臭い車内、怒られるかな?なんて思いつつ
空港横のレンタカー屋さんで乗り捨てて、
ホテルにチェックインしました。

晩ご飯はホテルのレストランで、
コレは食っとけな黒豚のトンカツや地の物を頼み、
旨い焼酎で鹿児島最後の夜を〆ました。

黒豚とんかつ


うん、かなりの満喫度合いですね。
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
05月 | 2009年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。