スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイルに浸かりて滑らかに

クラッチ調整が予定よりも早く終わりましたもので、
やっぱりここはアウェイツアーにつきものの温泉に行ってみましょう。

昨日チラッと調べたところによりますと、
新潟中央からひとつICを戻った新津に良い湯がありそうです。

大雑把な場所を指定し、ナビに案内されて市街地をくねくねと走ってたら、
あれ?それっぽいトコないじゃん?
迷いましたかね。

携帯で情報を再度探しつつ、
ふとナビで温泉を探してみたら、
バッチリ出てきました「新津温泉」
安いカーナビを侮っておりました。

なにしろ温泉とは言え、
なんでココに?みたいな感じの場所にポツンと建つ共同浴場なので、
データベースに入ってるなんて思ってもみませんでしたから。

そもそも見た目からして寂れすぎています。

新津温泉

看板は出ていますが、本当に入れるのかな?と思いつつ戸を開けてみると、
奥のコタツにおばあさん。
「いいですか?と聞いたら、もぞもぞと出てきてくれました。
入浴料の300円を払い、浴場へ向かいます。

ひなび過ぎた温泉宿のような風情の廊下を少々進み、
右手に曲がるとその先に男湯がありました。

広めですが簡素な脱衣所で服を脱ぎ、
「こんにちは~」と浴場に入りますと、先客が数名。
観光客が来るような所ではありませんので、
ちょっと緊張しつつ体を流します。

湯船は5人も入れば触れ合ってしまうくらいの広さです。
自噴で47℃とのことですが、ちょうど良いくらいの湯温です。
泉質は含重層食塩泉(緊張性高張高温泉)なのですが、
ぬるっとするような肌触りに加えて、
何より特徴的なのが油臭です。

以前、やはり油臭のする東鳴子温泉の高友旅館のお湯に入りましたが、
それよりも格段に強い香りがあります。
そもそも新津市は石油で有名で、このお湯も石油掘削時に湧き出したそうですから
原油の風呂に入ってる感覚ですね。

そんな独特の臭気だけでなく、かなり塩味の強い味です。
なんと、湯口にコップが置いてあるので、飲むのも推奨のようです。
まー塩辛すぎて、ゴクゴクなんていけませんけどね。

長湯しながら先客のオジさんたちと話したのですが、
皆さんご近所の常連さんのようで、
昔はもっと油のにおいが強かったらしいです。
今でも結構なものですし、人によっては入っていられないくらい
マニアックなお湯だと思ってたんですけどね。

しかし、温泉は実に奥深いですね。
また新潟に来る機会があったら、絶対に寄りたい温泉です。

いつまでもポカポカするのはいいのですが、
いつまでも油のにおいが抜けないのは困りものでしたが。。。
スポンサーサイト

片道切符覚悟で

今の156弐号機と苦楽をともにし始めて2年半ほど。
直ぐにでも発火すると思われたセレスピードですが、
拍子抜けするほど何も無いままに現在に至っております。

11年目で8万キロを越える固体としては
当たりと言って良いのかもしれません。

ですが
出逢いはいつも突然。
心の準備をしていないときに落っこちてしまうものです。

それでもアルファロメオ生活も8年、4台目ともなりますと
そこそこラテンのノリなおおらかさが出てくるもので、
「そのうち直るっしょ」みたいな感覚になってきます。

今回の現象も、たぶんひと晩寝れば直るんじゃない?
なんて楽観しちゃってました。


ハイ、朝起きて、エンジン掛けて、リバースに入れてみたら・・・
何事も無かったかのように入りました。

よしよし(笑)


それでもトヨタ車に乗る親は心配してますもので、
大丈夫!そんなもんなんだって☆と説明する方が大変です。

とりあえず、朝ご飯を食べ、
時間にゆとりを持ってと8時半に出発しました。
実に快調です。
今のところは。

会津若松ICから、磐越道に乗り向かうは郡山ではなく新潟へ。
ここまで来てビッグスワンに行かない選択などできるはずありませんから。

しかし、やはりクラッチを労わらねばと、
休憩を挟みつつ、のんびりドライブです。

100kmほどの距離ですから、
ゆっくり走っても1時間少々。
11時予約でしたが、10時にはアルファロメオ新潟に着いてしまいました。
いや~無事ついて何より。

予約より早かったのですが、
現象を伝えて作業に入っていただけました。
待ち時間はショールームに並ぶFIAT500を眺めますが、
やっぱいいですね~
オープントップに惹かれちゃいます。

そんなこんなで50分ほど。
終わりましたと。
クラッチの調整をして、エラーは出ていなかったんですけどリセットしましたとのこと。
え?リセットしてもらえたんだ♪
エアバッグの警告灯が点いちゃってたので、これはありがたい。
それでお幾らなんでしょうねと財布を持って待っていたら、
「クルマをまわして来ますね」と外に出ちゃった。
ついていったら、乗ってください的な雰囲気だったので
「え・・・っと、お幾らですか?」と恐る恐る聞いてみたら
「料金は結構ですよ♪」と。
あらあらまぁまぁ、ありがとうございます。

嬉しいサービスに感謝しつつ、アルファロメオ新潟を後にしました。

さてセレスピードのフィーリングですが、
発進がスムーズになったような気がします。
えぇ、気のせいかもしれませんけど。
でも、安心感が何よりですね。


ちょっと早く終わってしまったので、
温泉にでも行ってみましょう。

前進あるのみ!

人間生きていれば辛いこともあるものです。

「昔は良かった・・・」なんて懐古してみたり、
過去の岐路に違う選択をしていればなんて悔いてみたり。

しかし、時間は流れているのです。

過去は美化されるものであり、
大小に関わらず、無数の選択をしてこそ「今」があるのです。
もしかしたら、全ての岐路で正しい選択をしての今かもしれません。

後ろは振り返らず、
前を向いて次の岐路を選ぼうではありませんか。


さー!前を向いて進もう!
なんて思いつつも、そればかりじゃままならないこともあるものでして。


空前の猛暑がつい先日のように思い返されるのに、
気が付けば「寒い寒い」とぼやき始めた11月下旬。
いよいよJリーグも終盤戦です。

夏頃まで続いた14戦勝ちなしなんて日々に
正直降格を覚悟していたものですが、
何故か秋に向かい調子を上げてきた我がベガルタ仙台。
残留余裕!なんて思いかけた時期もありました。

それが何やら怪しくなってきちゃいまして、
後から猛追する降格ラインの神戸の足音が聞こえ始めました。

こうなると、にわかに落ち着かなくなってくるものでして、
アウェイ新潟戦は早い段階で参戦を決めておりました。
そもそも、新潟は実家の会津若松から近いもので、
帰省がてら観に行きたいなと思っていたのです。


今日は仕事が休みだったので、
実家に前泊しようと夕方から会津若松へ向かいます。

雨模様の高速道路は気疲れしますね。
クルマは自ずと楽な156になるというものです。
程々のペースでクルージングし、問題なく会津若松ICへ。
有難いことに、月曜ですがETC割引で1,000円です。

ICから実家までは5分程度。
ETCのゲートをくぐり、加速しつつシフトアップしようとしたら
あれ?吹け上がりが悪い。
2速を飛ばして3速に入ったと思いきや、
パネルに表示された「5」の数字が点滅しています。

信号待ちからの発進でも同じような感じで、
ありゃこれはマズイと恐る恐る流れに乗せ、
実家近くのコンビニに入りました。

まーエンジン掛けなおせば大丈夫でしょう♪と
買い物をして始動させてみたら・・・
あれれ?バックギアに入りませんよ???

うーむ、ここにきてセレトラブルですか。
何度かエンジン掛けなおしてみたのですが、
一向にRに入りません。
そればかりか、1速にしてもすぐにNに戻ってしまいます。

さて困った。

しかし、運の良いことに店前の駐車スペースは若干傾斜があったので、
ある程度後退させることが出来そうです。
そこで、スルスルと惰性でバックさせ、
そこから駐車スペースの端の方へ、辛うじて入る1速で移動させました。

小雨振る中、とりあえずセレオイルでも補充してみっかと
ボンネットを開けてオイルを入れてみました。

変化なし。

しばらく試行錯誤し、
さーて困ったぞ。
我が家までは走れさえすれば3分も掛からない距離。
しかし、後のことを考えずに移動させたので、
前進で回頭するスペースが微妙です。

一晩コンビニに置いてもらうか、
それとも押してもらうか。

とにかく前進で脱出できるかを試してみました。
いやーギリギリです。
計算して停めたのかってくらいにギリギリでした。
コンビに駐車場からそろそろと発進し、
絶対にバックすることの無いよう注意しながら
実家の駐車場へ突っ込みました。

これはもう、ツイてるのかツイてないのか判断できません。
が、まー良しとしましょう。

で、どうするかです。
一晩置けば大丈夫なんじゃね?なんて思いつつも、
頼れる主治医ARPのK氏にお電話です。
どうやら以前から聞いていたセレのクラッチトラブルのようで、
(トラブルと言えないものですが)
クラッチの磨耗にセレの機械的動作が追いつかなくなるため、
近いうちにロッド調整をしようと前の冬から思っていたのですが・・・
後回しにしてはいけませんね。
リモート診断、本当にありがとうございます。

とりあえず、高速走行でクラッチが熱を持ってるからだろうから
一晩置けば走れるかもしれないので、
早々にディーラーへ持ち込んで調整してもらうことにしました。

そこで問題。
会津若松からだと、最寄の正規ディーラーは郡山です。
でも、明日は17:00から新潟でサッカーです。
新潟にも正規ディーラーがあります。
とはいえ、自宅から更に離れる新潟に行くのは無謀でございます。

親父の車で新潟に行ったとしても、
帰ってきて郡山へ着くのは営業時間が終わってから。

えぇ、いいでしょう。
新潟のアルファロメオ店に予約の電話を入れましょう。
途中で止まったら・・・それはそのとき考えれば良いことです。

明日はバックできればいいな~
雨降る夜空に願いながら、眠りについたのでした。
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。