スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の粗探す前に

時差ってものはなかなかバカにできないものでありまして、
パスポートを所持したことのない自主的鎖国の私が言うのですから
間違いありません。

海外旅行もしないヤツがなに大変なんだと言えば、
それはやっぱり生TV観戦モノのときですね。
欧州サッカーなんかでは、現地時間週末夜の試合なんかですと、
22時とか0時とかの試合開始で、土曜の夜ならまだいいのですが、
日曜の深夜にかかると月曜から寝不足で大変だったりします。

それが週末だけとか、週に一度くらいのイベントなら、まだ救いはありますが、
WCとかになってしまうと連日で体に悪いことこの上なし。
昨年はドイツ大会だったもので、3試合ある日の1試合目ならまだ何とかですが、
2試合目で寝不足確実、3試合目で夜更かしか早起きか迷う時間だったりします。
それが意地になって毎日3試合観たりするもんだから、6月は屍のようになりがちです。

WC日本大会(日韓とは言いたくありませんが)では、カラダに優しいけれども
平日昼間の試合は観れなかったりで、ちょうど良い時間帯というのは難しいですね。
インドとかパキスタン辺りでやってくれれば、そこそこコンディションを維持できそうですが。
でも次は南アフリカ大会。
確実に寝不足ですねぇ。
オリンピックはなんとか大丈夫でしょうけど、また仕事の生産性が落ちるんでしょうね。


さて、F1に話を戻して...というよりは、ここからスタートですが。

世界各国を転戦するF1サーカスにおいては、やっぱり時差が大問題。
ヨーロッパ圏ではテレビ放映の関係もあり、時間が揃ってる上に予選は20時から、
決勝は21時からと最高に良い時間です。
日曜の夜、まったりと眺めるには抜群の時間帯ですね。

しかし、それがアメリカ大陸になると大問題。
未明の決勝だったりするものだから、月曜のことを考えると録画でいいかと
諦めムードです。
最近生で観たのなんて、アメリカGPで琢磨が3位に入ったときですから、
ずいぶん昔だなぁ。


今週末、ようやく開幕したF1はオーストラリアのメルボルンであります。
時差的に体を壊すことがないのは嬉しいのですが、土日の昼時間を
拘束されてしまうとかなり引き篭もり的感覚になりがちです。
それも、PC立ち上げてライブ・タイミングの数字を睨みながらの観戦となると、
マニア度も高まって実によろしくありません。

昨日の予選はサッカーと重なってしまいましたが、今日はもう引き篭もる気満々で
午前中には洗濯を終わらせ、721にチャンネルを合わせて準備万端です。

やはり開幕に期待するのは、今シーズンを占うというか、テストでは見えなかった
実戦での各チーム、ドライバーの位置関係の確認や、トラブルが露呈しての
予期せぬ展開ですね。
そして、早速スーパーアグリチームはやってくれました。
各チームの開発が進み、成熟してポジションが落ち着くまで、
相対的なポテンシャルの高さを活かしてポイントを狙って欲しいものです。


そしてレース。
昨日から引き続き、赤いマシンでライコネンとスーパーが入ると違和感感じちゃいます。
そして、シルバーアローにアロンソも同じく変な感じ。
でもって、ルノーのカラーリングは速そうに見えませんねぇ。
ホンダは。。。まぁ、ね (笑)

レギュレーションの変更をキチンと理解していないままの観戦なので、
ストラテジでの戦略の予想なんかをして楽しむってレベルではありませんが、
やっぱり見所は琢磨の走りかな。
あわよくば初戦でポイント!なんて思ってみたりして。

さほど荒れない展開ではありましたが、見所といえばレッドブルのマシンというか、
サイドポンツーンのレッドブルロゴが文字通り目の前を横切ったことでしょうか。
ドライバーの目の前数十センチを高速でマシンが横切るって、どんな感じでしょう?
「あっ!」と思ってる暇もないのかな?
ほんの少し間違えば、命を落としかねないアクシデントでしたから、無事で何よりです。

結果はまぁ置いといて、スーパーアグリは琢磨が12位。
アンソニーはスタートでストールし掛けてポジションをだいぶ落としてしまいましたが、
ぶっつけ本番実戦投入マシンで大きなトラブルもなく完走できたって事実は
大きいですね。
次に繋がりますね。。。。

と思ってる矢先、やっぱり訴えられちゃいました (笑)
そりゃ、スパイカーでしょうね。
「一緒に最後尾走ろうって言ったのに! ウソツキ!」
みたいな感じでしょうか。
亜久里の「負け犬の遠吠え」は、スカッとする言いっぷりですね。
ホント、そんな暇と金があったら、自分トコの車を速くしろってんだ。
おまけにトヨタ載せたウィリアムズも訴えてて、本家の遅さを下っ端に
「文句言ってこい!」
と命令してるようで嫌な感じです。
世界のトヨタなら、自分の車を速くしなさいよ。
力で富士SW開催にしたんだからさ。

しかし、スポーツ界に限らずそうでしょうけど、なかでも貴族のスポーツ的F1においては、
アジアンな出る杭は叩くは徹底してますね。
自分たちの利権、アドバンテージを守るためには、ルール改定すら
サックリやっちゃう人達。
伝統芸とはいえ、恥を知って欲しいな。

自チームでイチから開発しなきゃいけないって、排他的以外の何者でもありませんね。
それじゃ、新興チームはどっか買収しなければ参入なんて無理ですし、更に開発も
既存のチームより急ピッチで進めなくてはならないのなら、資金力だって
とんでもなく必要でしょう。

まぁね、フェラーリなんかがスパイカーで同じようなことやったって、
誰も訴えないんでしょうけどね (笑)
おまけに、トヨタも半端にヘタレっぷりが目立ちます。

安全に面白いレース。
ファンはそれを望んでいるんですけどね。
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。