スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナーモードPC

朝弱いくせに、目覚ましをセットしておけば確実に起きれます。
ダメ社会人ながらも、それがプライド。
そんな大そうなものではありませんけど。
そもそも、低血圧とか、やる気が無いとか(まぁ若干は)決定的な弱さではなく、単に夜更かしだからなので、寝坊して遅刻なんかしたら解決法が明確なだけに凹みますわね。

その寝覚めの起きっぷりたるや、どんなに睡眠時間が短くとも目覚まし時計代わりの携帯バイブ一発です。
もう、バイブのひと揺れだけで目が覚める勢いです。
ただ、目覚めるのと布団から起きだすのは別物で、平日ならば荒縄で引きずられるように起きだすのですが、休日ともなると完全にスイッチがオフになっているので、前日に考えていた予定を甘く修正して二度寝に入るのですね。

そんな便利機能の携帯バイブですが、普段ポケットに入れて持ち歩いているので、着信音でというよりは振動で気づくことが多いです。
そのため、いちいちマナーモードに切り替えるよりは、常時マナーモードになっていることが多いわけで、マナーにうるさい紳士としては世の中の着信音は消えて無くなれと思いつつも着メロをダウンロードしてたりする歯がゆさよ。。。

話変わってヘビーに使用しているノートPCのパナソニックCF?T2ですが、最近どうも調子が思わしくありません。
ちょいと前に動作もっさりになったため、クリーンインストールし直しで一時は快適に使用できていたのですが、夏に入る頃からディスクアクセスの頻度が異常に増えていたんですね。
起動後もしばらーくカリカリいってるし、その後メーラ、ブラウザ、RSSリーダやらを立ち上げていくと、永遠にも感じるくらいHDD読みっぱなしです。
各種ウィルスチェックでも問題ないし、リアルタイムでHDDアクセス内容をロギングするツールで見ても、特に問題はなさそうです。
そして、職場の涼しい環境だと問題ないのですが、暑さを我慢して扇風機だけでしのいでいる自宅や、ベッドに持ち込んで布団の上で操作していると、とたんに青画面で落ちるようになってしまいました。
完璧に熱暴走ですね。
それも、HDDの方が怪しい予感。

何とか騙し騙し猛暑を乗り切り、ようやく涼しくなってきた9月、最近では動作も落ち着いてきて危機意識も薄れてきた先日、いつものように朝のメールチェックを終え、出勤しようと休止状態にしてノートPCをリュックに詰めました。
職場の駐車場から車を降りて歩き出したら、何やらブーン、ブーンと音と若干の振動が聞こえます。
あれ?携帯はポケットのはずだけどと触ってみると、右ポケットに入っています。
それじゃ、いつも入れてる携帯用髭剃りのスイッチでも入っちゃったかな?と歩きながらリュックを開けて手探りで確認してみると、髭剃り機でもなさそうです。
おやぁ?と立ち止まり、音というか振動原を探してみると、どうもノートPCからのようです。ゴソゴソと取り出してみると、なんとまぁノートPCがブーン、ブーンと振動してるじゃありませんか。
おいおい、これってワンスピンドルでしょ?冷却ファンもないし、駆動系といえばHDDしかないじゃないのよ!
休止状態にしたはずなのに、おかしいなと思いながらも、そういや調子悪いときはメモリ内容をHDDに退避する時間が異常に長くなってたし、さっきも電源が切れる前にリュックへ詰めたから、もしかしたら休止状態になり切らないままHDDが回転し続けてたのでは。。。
これはヤバイぞ!と思いながら、振動するはずのないノートPCを縦から水平にしたら、ピタッと振動が収まりました。
安心というよりは、予感が確信に変わってしまい、あーどうしようです。

とりあえず大事なデータ山盛りですので、安定動作しているうちにデスクのPCへバックアップしました。
確かにメモリ512が上限では厳しいなとか、Core2DuoのPCが欲しいなとか思っていましたが、今のタイミングはよろしくありません。
とにかく、Vistaが載ってからじゃないと。
バックアップをこまめに、もうしばらくはなだめながら使っていかなければならないようです。
来春くらいの新モデルで、バイブ機能が備わったPCが出たら笑えるんですけど (^^;
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。