スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジアムマニア轟く

昨年10月の旅にしてもそうですが、
私はただのサッカー好きではなく、
どうやらスタジアムが好きなようです。

旅に美人女将と殺人事件が必要なように、
私にとっては各地のスタジアム詣では欠かせないものです。

今回は横浜に出張。
そんでもって土曜は夕方前に自由の身。
チラッとJリーグの試合予定を見れば・・・

おおぉう!川崎フロンターレvs京都サンガの試合が
お隣川崎の等々力競技場であるじゃないですか!
東急東横線でちょいと行けば観れちゃう距離ですので、
行かなければなりませんね。

すっかり春を思わせる陽気に
薄手のインナーとジャケットという軽装で行ってみました。

武蔵小杉駅からシャトルバスで10分ほど。
到着した競技場は、散り始めてはいるものの
まだ桜も楽しめるほどに咲いています。

等々力競技場


ここ等々力競技場は、10年以上前に一度来たことがあります。
そのときは、ヴェルディ川崎vs鹿島アントラーズの試合でした。
そう、当時のフランチャイズはヴェルディだったんですよね。
いろいろありましたが、今ではフロンターレがすっかり根付いていますね。

その川崎は、2004年にダントツの強さでJ2優勝で昇格を果たし、
中村憲剛、我那覇、そしてジュニーニョの攻撃力はJ1でも十分に通用し、
安定した強さを誇るチームとなったのでした。
そして、今年は強さを増したチョン・テセに加えてジェフから山岸、
昨シーズン東京ヴェルディでJ2をボコボコにしたフッキが加わり、
どうなっちゃうんだ?誰使うんだ?と思っていたら・・・
数揃えてもダメだったりするんですね。
今シーズン思うように勝てないままに自己都合でフッキがチームを離れ、
まとまりを取り戻せるのか?が見所です。

対して京都サンガは、今年何度目かの昇格を果たし、
シジクレイ、佐藤勇人、そして柳沢を獲得し、
なかなか堅実な補強で2008シーズンに臨んだと思われます。

さて、スタジアムですが、陸上トラックのある競技場ですので、
ピッチはやや遠め。
特徴のある屋根はメインスタンドにないのね。
ゴール裏一階は立見席です。
収容は25,000人とのことです。

先ずはスラジアムグルメでしょうと思いつつも、
お腹減ってないからあとでいいか~。
ビールを飲みつつ試合開始前のまったり感を楽しんでいたら、
徐々に風が出てきて肌寒くなってきました。
何しろ薄着ですからねぇ。

等々力競技場内


仕方ないなと思いつつ喫煙所を探したら、ないのねぇ。
係員さんに聞いた方へ向かっても、それらしい所なし。
そういう時代なのねと思いつつ、そんなこんなで試合開始。

どうも、居とのアグレッシブさばかりが目立つようです。
柳沢の動きも良いですね。
川崎は、中村を露骨に押さえ込まれていて、前線に良い球が渡りません。
それより何より、ジュニーニョの良さが出ていないというか、
チョン・テセが全く噛み合っていないようです。
そして後半、柳沢のゴールで試合が決まってしまいました。
京都はパウリーニョ抜きでも戦えていましたね。

それにしても、試合開始直後からもう寒くて参りました。
メインスタンドでは余りに寒いので、
後半はゴール裏一階の立見席の空いてる所で風を避けていました。
もうちょっと暖かかったらなぁと思いつつも、
春とはいえ薄着で来ちゃった自分に反省です。
スタジアムとは、自分との戦いの場所なのですから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。