スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッピング

古きよき時代。

何事も記憶は美化されていくもので、
「昔は良かった」とか
「今の若いもんは」
なんていい始めると、年取ったなぁと実感しちゃう訳で。

しかし、時代の流れと共に
合理化と洗練という過程を経て無機質化し、
絶対的価値観が変化しているのもまた事実。

嘆いている今でさえも、
時間の流れに角を落とされれば
懐かしまれる"時"になるのでしょう。


先日、1TバイトのHDDを増設し、
さて始めましたCDのリッピング作業。
当初はFLACで保存しようと思っていたのですが、
codecを幾らいじっても再生できないというトラブルに見舞われたため、
えーい面倒くさい!と WMAのLosslessで保存することにしちゃいました。

作業を始めるにあたり、前エントリーに打ちました通り
バラバラになったCDのディスクとケースのマッチング作業をしまして、
ある程度は元に戻ったのですが、
それでもディスク、ケース共に20枚分くらい片割れが見つかりません。
どっこにいっちゃったんでしょうねぇ。

最近はあんまりCDを買わなくなってしまったのですが、
それでも200枚弱のリッピング作業が始まりました。

CDを聴いていたのがほとんどクルマの中で、
それもチェンジャーを使っていた時期が長かったものですから、
傷が酷いもの多いんですよね。
音が飛んでしまったり、エラーが出たり。
あんまり酷いものはコンパウンドで磨いてみましょうか。

1枚当たりのリッピングに要する時間はそれほどでもないのですが、
懐かしがって聴き始めると一気に効率が落ちます。
特に、場面場面で思い出があるCDを見つけたりすると、
当時のことを思い出したりして作業が止まってしまいます。
特に高校時代によく聴いていた TM NETWORKなんかは、
「小室もこの頃は・・・」
なんてちょっと悲しくなったりして。

ちなみに一番枚数の多かったアーティストは
エリック・クラプトンの19枚でした。
でも、まだケースだけ残ってるのが数枚あるんだけど、
どこいったんだろう?


そんな中、見つけたのが

ユーノスCD

バブルの時代、マツダが販売チャンネルをバブルに増やしていた時代、
ユーノス店が存在していました。
そして、ユーノス・ロードスターを購入したユーザーに贈られていたのが
このCDです。

ドライビングを楽しんでください。

そんな思いが伝わるようなプレゼントです。
2枚くらいもらったかな?
景気の良かった時代だからこそなのでしょうけど、
気持ちにゆとりがあった時代でもあるのかな。

環境問題等々の流れの中、移動のための道具じゃなく、
クルマを楽しめる時代
またやってくるでしょうか。


で、ちょっと前にCDDBでタグ付けしてた頃に比べ、
Windows Media Playerで取得出来る情報が
格段に多く感じるのは気のせい?
と言いますか、ほぼ全部のCDの情報が取得できちゃってます。
絶対にマイナーだろうってCD、アーティストまで。
凄いですね。

そして、ユーノスのCD
この情報まで取得できたのにはビックリしちゃいました。
手打ちかなと思って最期にしていたので、
ちょっと嬉しくなりながらリッピング完了です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。