スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the true king of pop, rock and soul

ほんの2ヶ月の間に、
悲しいニュースがこれでもかと飛び込んできました。


5月2日。
忌野清志郎が逝きました。

高校を卒業し、
一人暮らしの開放感の中で軽音楽のサークルに入り、
バンドを組んで仲間と毎夜練習して語り合った濃密なあの時間。
RCサクセションやタイマーズの曲も弾きましたっけ。
ライヴの最後は「雨上がりの夜空に」で盛り上がって。

そんな青春時代から20年。
曲を聴けば、あの頃にタイムスリップできます。
生きているからこそ思い出に浸れるのに。



6月13日。
三沢光晴が逝きました。

中学時代のプロレス全盛期。
学校での話題はプロレスばかり。
二代目タイガーマスクに熱狂したのはもちろんですが、
その後のエルボーと言えば三沢みたいな様式美にはワクワクさせられたものです。

プロレスは見なくなってしまいましたが、
子供時代に印象深く残っている選手の急逝は
とてもショックです。
それも、カラダの強さを売りにしている人なんだから。



そして今日、不世出のポップスター
マイケル・ジャクソンが逝ってしまいました。

私が洋楽に触れたのは、深夜に放映されていたベストヒットUSAでした。
土曜の深夜だったかな?中学生にしては夜更かしだったはず。
そこで観たマイケル・ジャクソンのBillie Jean、Beat Itに興奮し、
Thrillerに衝撃を受けました。
まぁ、その当時はデュランデュランやカルチャークラブが好きだったんですが。

FMで洋楽番組から録音し、気に入った曲だけダビングして集めて、
テープが伸びるまで聴きまくっていました。
もちろんマスターテープは保存しておく周到さで。

中学時代の多感な時期、擦り込むように聴いていたのが
マイケル・ジャクソンかもしれません。
その後離れていても、やはり特別な存在です。


そして、先日、ロンドンでの公演というニュースを見て、
しばらく動画サイトでPVなどを集中して観ていたばかりでした。

30年近く前なのに、格好いいんですよね。
色んなことがあったとしても、
やっぱり最高のスーパースターです。


青春時代に深く影響された私のアイドルの死は、
思い出の項を増やすことを終え、
製本されて本棚に仕舞われるようです。
これからは、たまにページをめくって懐かしむことにします。


ありきたりの言葉ではありますが、
ご冥福をお祈り致します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。