スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元のお湯を楽しもう 第2夜 その3

温泉も良いけど、さすがに昼過ぎると腹も減るものです。
次の目的温泉を考えると、南下するのがベストなのですが、
せっかくですので遠回りして山都へ向かってみました。

山都といえば蕎麦が有名。
でも、柳津の山中から昼飯食べっかと向かうには、
少々遠すぎだと結構後から気付きました。

街中に蕎麦屋が乱立してるイメージだったのですが、
あれれ?あんまり無いじゃない?
途中の店の名前がずらっと並んだ看板には、
「要予約」なんて書いてあるし、
ふらっと行って食べれるものじゃないの?
やはり、下調べは重要です。

で、ぐるぐる街中を回って見つけた蕎麦屋さんに入りました。
盛り蕎麦の大盛りと、ニシンの山椒漬け。

山都の蕎麦

オマケの小さい水蕎麦が出されましたけど、
やはり味に自信があるのかな?

が~
普通の蕎麦でした(笑)
新蕎麦の季節にちょいと早かったのが残念。


では、温泉紀行を続けましょう。

向かうのは大内宿近くの湯野上温泉なのですが、
やっぱり失敗した。
めっちゃ遠い。

16時くらいにようやく到着しましたが、
日が暮れる前で良かったわぁ。
それは何故かと言いますと、
露天に入ろうと思っているからです。

それもですよ、河原横に作られた吹きっさらしの露天風呂です。
湯野上温泉露天風呂はこちらをご覧ください

やっぱりね、秘湯を巡るのなら、こーゆー所で〆たいよね。

分かりにくい場所なので、携帯で確認しながら国道から入り、
何度か行ったり来たりしながら
「ココ、入って良いの?」
みたいな車一台ギリギリの路地に入ります。
すると、いきなり看板が!
何やら、露天風呂には入れません的なことが書かれています。

一度引き返し、しばし考えた。
ここまで来て戻るのもなんでしょ?
風呂の写真撮るだけでもいいじゃん!と突き進むことに決定。
すると、更に狭いケモノ道みたな感じになってきて、
坂は急だし戻ること出来るのか?と不安になります。

すると、ちょっと広いスペースに出ました。
そこから河原方面へ本当にケモノ道みたいな所を
徒歩で降りていくようです。

河原といっても大きな岩が浸食されたような感じの所で、
景観は素晴らしいです。

湯野上温泉景観

で、風呂はどこ?

若い男性が一人、一心不乱に岩の窪みの砂をかきだしているので、
恐る恐る声を掛けてみました。

どうも少し上にある露天風呂は、
5月の連休の頃に利用者のマナーの悪さから閉鎖されてしまったと・・・
えー、残念。

湯野上温泉露天風呂

完全に湯が枯れています。
そして男性は、昔湯船だったという河原の岩の窪みに溜まる砂をかきだし、
一人復活を願って作業しているとのことです。

なんだ、残念だなと思いながら河原を見ていると、
先の方に居たオジさんが服を脱ぎだし、
川に入っていきました。

なぬっ!?

近付いて声を掛けてみると、
どうやらお湯はそこ彼処から沸き出しているようで、
源泉の温度が高いために川の水を上手く調節すると風呂になるんだと。
河原に上手い具合に石を積み重ねて、
それっぽいスペースを作り出しています。
そして、なーんとも気持ち良さそうです。

悩むこと数秒。

えぇ、もちろん入りますよ(笑)

おもむろに河原で服を脱ぎ、
そこ熱いよ!という所を避けて入水。
普通に川に入ってる感覚です。
でも、あったかい!

さすがに半身浴程度の深さしかありませんし、
方や熱湯、方や冷水と加減がとても難しい中、
ひっきりなしにかき混ぜていると
普通に気持ちの良い温泉となります。

なんでしょう、これは。
野趣あふれるなんて言いますけど、
ワイルド通り越してますよ。
これって究極じゃないでしょうか。

泉質どうのこうのなんて、この温泉には意味ないですね。
川の水面と同じような目線から素晴らしい景色を眺め、
熱い!冷たい!なんて言いながら
気持ちいいですね~!最高!と笑顔になるような
自然と一体になれる最高の温泉です。

紅葉の頃や、桜の季節は最高だよと言われ、
そりゃそうだろうなと思いました。

河原の露天

因みに写真は仲良くなったオジさん。

とうとう一線を越えてしまったようです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。