スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元のお湯を楽しもう 最終夜 その3

ちょっと調子が出てきちゃって、
この調子で山形へ入って、
赤湯とか上山とか銀山辺りまでまわっちゃおうかと思いましたが、
時間も時間だしねぇと、次で本日の打ち止めとしましょうか。

高湯から高速に乗ろうと思うと、福島飯坂ICに行くのが普通ですね。
そうなると、飯坂温泉に行くべきでしょう。

ってことは、休み中に鳴子温泉、秋保温泉とともに奥州三名湯と称されるうちの
2ヶ所に入ることになるんですね。
秋保までまわろうか(笑)

飯坂温泉は昔、P.P.F.の忘年会で来たことはあるのですが、
それ以来なので土地勘は全くありません。
とりあえず温泉街に入ってみまして、
幾つか共同浴場があるらしいので、
適当に流しながら探してみたのですが、見つかりません。
仕方ないので携帯にて情報チェック。
本当に便利な世の中です。

そうしましたら、ついさっき通り過ぎた所が定番の温泉らしいと発覚。
そんなものですね。

一方通行が多い中、何とか駐車場を探して徒歩にて向かいます。
足湯のところに鯖湖神社がありますので、お参りしておきます。

鯖湖神社


その隣に、鯖湖温泉があります。
松尾芭蕉も入ったという名湯らしいです。

鯖湖湯1

鯖湖湯2


ガラガラっと戸を開けると、狭い玄関スペース横に番台があり、
200円にて券売機で入湯券を買い渡します。
もう、体をひねるだけくらいのスペースです。
そこで下足を脱ぎ、脱衣所への戸を開けると
脱衣所はあるのですが、すぐ浴場も見渡せます。
1mもないくらいの仕切りなので、脱衣所も浴場も関係ないみたい。

噂では聞いていましたが、無色透明のお湯は実に熱いです。
温度計がありましたけど、46℃を指しています。

でも、すっかり熱い湯に慣れてしまったのか、
普通に入っていられます。
アルカリ性単純温泉はヌルつきもそれほどなく、
スッキリとしたお湯です。

湯上がりに夕方の秋風がとても心地良いですね。


さーて、これで休み中に入ったのが9つの温泉ですか。
実に大満喫の温泉紀行でありました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。