スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 J2リーグ第51節愛媛FC戦 そして祝賀

3月8日に開幕した今シーズン、
札幌ドームで観戦したのは、遠い昔のようです。
登別カルルスも良かったなぁ。

雪の降る極寒の宮城スタジアムでの観戦なんかもありました。

夏には急遽決めたバスツアーで横浜まで行き、
今期最悪の負け試合の上に寝れないままに未明に仙台着で仕事に行き、
ボロボロになったなんてこともありました。

51節、気が遠くなるほど長く感じたシーズンも、
いよいよ今日で最後の試合です。
まだまだ続いて欲しいような気もしますし、
いい加減もういいや~なんて思ったりもして(笑)

今シーズン最大の目標である昇格は既に決定していますが、
優勝というのはまた別格だと想像するのです。
我がチームはまだ無冠。
たとえJ2リーグといえども、タイトルというものは素晴らしいことですし、
来年の自信にもなることでしょう。

最終戦は12:30キックオフとのことで、会場は10:00。
しかし、商売上手になった仙台フロントは、
ここぞとばかりに昇格記念グッズを数量限定で発売しちゃうのです。
とりあえず欲しいのは、昇格記念の「ミニ菰樽(こもだる)」限定1,000個。
その他、幾つかのグッズも押さえておきたいところです。

そのためには、指定席といえども早めに行って並ばないといけません。
8:30にはスタジアムに到着しましたが、指定にはすでに10人ほどが並んでいます。
もちろん、自由席は長蛇の列になっています。

さて、ちょうどいいことに9:00から亘理町の出店で
はらこ飯とあら汁の販売が始まったので、もちろんゲット。

はらこ飯+あら汁

暖まりますねぇ。

そして、10時の開場と同時にミニ菰樽の整理券を入手し、
次はグッズを入手すべく混んでるバック側を避けてメイン側へと向かいます。
が、既にカオスを通り越してバーゲンに群がるオバちゃんといいますか、
オイルショックのトイレットペーパー売り場と申しますか、
スラム街で略奪される商店みたくなっています。

なんとか最前列に潜り込み、ほやベガッ太ストラップにタオルマフラー、
そしてミニフラッグをかき集めますが、
後ろからガンガン押されてもう大変。
「押さないでぇー!!!!!」の声が飛び交っています。
私も後ろから体を入れようとするオジさんに
「すぐ出るから、押さないのっ♪」
と優しく諭します。

そんなこんなでボロボロになりながら目的を達して
ご満悦のままバックスタンドにまわりましたら、
そちら側の売店は結構空いてて、
死闘を繰り広げて確保したグッズが普通に残っています。。。
まぁ・・・・いいでしょう。

スタジアム内で会う顔なじみの方とは、
例年なら「今年もお世話になりました。良いお年を!」
みたいな感じなんですけど、
今年はまだ天皇杯で来週試合がありますからね。
「優勝したいね~」と交わすいつもと違った最終戦です。

2009最終戦

内容はまーいいとして、前半を 0-0 で折り返し、
セレッソが先制しているということで
優勝のためには勝ち以外無くなっての後半戦。
エリゼウのヘッドで待望の先制点をあげ、
今期の堅守ならこのまま守り通せると思っていた後半ロスタイム。
愛媛ジョジマールのゴールで同点に・・・

目の前が真っ暗になり、脱力。
これで優勝がなくなってしまったなと思っているうちに
最後の攻めも虚しく試合終了。

選手はこれまでよく頑張ったよ。
しゃがみ込んで泣いているエリゼウにも、今期どれだけ助けられたか。
終了後の整列を眺めながら、拍手で讃えようと思っていたら・・・

メインスタンドの一角が妙にざわついています。
何やら歓んでいるようにも見えます。
そうしているうちに、ベンチも歓喜に湧いているように見えます。
もしかしてという思いも浮かびますが、
バックスタンド側は疑心暗鬼なざわつきばかりが広がるだけです。
私も隣の人も、携帯で情報を確認しようとするのですが、
みんな繋がらないと嘆いています。

でも、、、この感じ、
昇格が決まった水戸線終了直後の感じに似ています。
一部の歓喜がスタジアムを包むまで、そう時間は掛かりませんでした。

そして、場内アナウンスでセレッソ大阪が負けましたと流れ、
一時どん底にまで叩き落とされた気持ちの揺り戻しの大きさの分だけ
優勝を実感する大歓声となって響きました。

勝利で優勝を決められなかったのは残念ですが、
優勝という結果はシーズン通しての結果でありますから、
手放しで歓びましょう。

J2優勝

セレモニーでは優勝のシャーレを渡され、
またMVPにも選ばれたキャプテン梁は本当に素晴らしい活躍でした。

ホームMVP

悲願の優勝を手にしたミスターベガルタ千葉直樹のメッセージが流れ、
そして彼の音頭で勝利の凱歌オーラを歌います。

喜び


優勝の余韻をそのままに、職場のサポーター仲間と
「昇格・優勝・天皇杯準々決勝壮行会・そして忘年会」
が開催されました。

昇格・優勝・壮行会・忘年会

今回はちょっと少なめの大人10人、お子様2人でしたが、
万歳三唱とともに美味しい美酒を堪能しました。

因みに、居酒屋にプロジェクター持ち込みで試合DVDを写していたので、
通りかかる皆さんから驚きの声が上がっていました。

宴は二次会まで続き、すっかり酔っぱらっての帰宅となりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。