スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの旅 第3夜 その1 -そろそろ観光っぽく-

お国が変われば文化や風習なども変わるもので、
それを受け入れるのもまた旅の醍醐味。

なんて知ったようなことを言ってる初海外旅行ですが

色々と問題の生じる事柄もあるものです。
それが、サマータイム。
日が長い夏の間、1時間時計が進むんですね。
秋になると1時間戻ってツジツマ合わせます。

さて、この旅の最中に切り替わりのタイミングがありまして、
10月最終日曜日の午前2時になると午前1時に戻るのかな?
日本との時差が7時間から8時間になります。

なんか面倒くさいんですけど、現実的には時計どうなるのって話でして。
もちろん腕時計は手動合わせですが、携帯は?
目覚ましを携帯のアラームにしているので、さぁどうなるのやら。

でも、夜中に1時間得をするので、寝る時間が増えるのは有難いですね。

そして、明けまして日曜日。
携帯は自動で変わっておりました。すごいね、自動合わせ。

さて、睡眠十分ではありましたが、やっぱり昨日のバチカン無駄歩きが疲れた。。
今日は 9:00からボルゲーゼ美術館の予約を取っていましたが、キャンセルしよう。
ゆったりいきましょうね。

昨日と同じ朝ごはんを食べ、のんびり出発。
テルミニ駅前から目ぼしい観光スポットを通るバスに乗り込みます。
向かうはトレヴィの泉!誰でも知ってる!

ローマの三越すごいなぁ~なんてぼんやり街並みを眺めていたら、
通り過ぎちゃったみたい (笑)
このままじゃ、またバチカンに着いちゃうなと思い、乗り換えて戻ろうと途中下車。
ところでココ何処だ?

今日も強い味方のGPS。Googleマップのチェックしたスポットと共に現在地を表示してくれます。
おや、少し行けばサンタンジェロ城じゃん。
ココも本当は飛ばそうと思ってたんですけどね。

サンタンジェロ城

聖天使城なんて名前ながら、要塞ですね。重い存在感のあるお城です。
バチカンのサンピエトロと秘密の通路で繋がれてるとかなんとか。。
橋にいる天子像は10体あるそうなので、何回目かのローマ訪問で暇があったら数えてみよう。
とりあえず、ここは眺めるだけでいいや。

さぁ、もっとメジャー所へ行こうじゃありませんか。
そう、ローマの休日ですよ。日曜ですから。リフレッシュ休暇ですから。

さっき降りたバス停辺へ戻るのですが、日本のように向かい側に逆行きのバス停があるとは限りません。
なんとなくは判りますが、ここでもGoogleマップ頼みで。
そうそう、ちょっと忘れがちなのが、右側通行なんですよね。
それ考えてバス停で待たないと、逆行きがやってきます。

右側通行でまた注意なのは、道路を横断するときでしょうか。
ローマって、信号機があるような無いような、道路を横断する機会が多いんですけど、
クルマはやたら飛ばしてくるので危ないんです。
ここで、確認を左側通行のつもりでいると、結構危なかったりします。

さて、それっぽいバスが来たので乗車。乗り放題切符だから、深く考えずにね。
GPSで確認していると、パンテオンに近づいてる様子なので、
今度は近くの停留所で降りました。
裏道みたいな雰囲気をトボトボと歩き、石畳すごいなぁ、建物も何年モノなんだろう?なんて眺めていたら、
急に来た!後ろ側からだけど、絶対コレ、パンテオンだろ。

パンテオン発見!

正面へ回り込むと、ちょっとした広場のようになっていて、カフェも何件かあります。
しかしねぇ、もうね、なんと言うんでしょ、どこ行ってもこんなのいっぱいでしょ?
麻痺しますわ (笑)

パンテオン

2000年近く前の建造物なんでしょ?
石畳なんかも写真やテレビの中と違って、リアルなんですよね。
ひとつひとつがボコボコしてるし、路面はうねりがあるし。
バスやタクシーに乗ると、もうガタガタで底付きして跳ねまくりです。
こんな道、足回り柔らかくなければすぐガタが出ますよ。
歴史がすごく現実的なんですよね。生活の中に入り込んでいて。

パンテオン内部のラファエッロのお墓や天井からさす陽を見たかったのですが、
何かイベントがあるようで、警備されている中に車に乗せられてきた司祭みたいな人が入っていきました。
中に入るのは無理そうだったので、近くのカフェへ向かってみました。
が、まだ開店していませんでした。

やむなくそこから歩いてトレヴィの泉へ。

ゆっくり歩いて10分かからない程度でしょうか、特に看板が出てるわけでもなく、
ちょっと人が増えてきたなと思っていたら現れました。
観光の大本命、トレヴィの泉

トレヴィの泉

やはり混んでいますね。
そして、この混雑に紛れてスリが居る訳ですね!知ってます!
ショルダーバックのファスナーに鍵をし、万全の体制で観光です。

水音がとっても涼しげで、汗も引いていくような感じです。
ここでジェラート食べたいところですが、飲食禁止になったんですよね。
一段降りて、しばらく座ってボーっと眺めていました。
癒されますね。こういう時間を取らないと。

あっ、すっかり忘れるところだった。コインを投げ入れないと。
少々奮発して3枚投げようとしたところで気が付いた。
枚数でなんかあったよね?
慌てて検索してみると、
「1枚だと再びローマに来ることができ」
「2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができ」
「3枚になると恋人や夫・妻と別れることができる」
だそうです。
完全に彼女に怒られるところでした (笑)
とりあえず、1枚にしようと思ったけど、2枚後ろ向きで放り投げました。
あと2回ローマに来させてもらおう (笑)

この次は、近所らしいスペイン階段へ。
でも、マップを見ると若干距離があるようなので、バスでも探そうかと広い通りに出てみました。
が、バス停探しているうちにお腹も減ってきたので、先にご飯にしましょう。

近くにあるはずの事前チェックの店が見当たらないので、
良さ気なbar(バル)に入ってみました。
注文時、ちょっと緊張してたのに
「Buongiorno! Vorrei un panino,caprese. e un caffè,per favore.」
 (トマトとモッツァレラチーズのサンドウィッチとエスプレッソを1杯くださいな)

「ナカ?ソト?」

「Quella tavola !」
 (あっちの(オープンテラスの)テーブルで)

「チョットマテテーネ!」
  ::
「パニーノ、カッフェ、ジューユーロ、サービス イチユーロ、ジューイチユーロ」

「Si,grazie mille!」
 (ハイ。どーもありがとー)

なんだこのやりとり。(笑)
とりあえず、行けるところまではイタリア語で通してみよう。
しかし、観光地の近くだけあって、ちょいたけーな。

トレヴィの泉近くのカッフェ

でも、カプレーゼはホントに美味いねぇ。

食べ終わって、「Grazie!」なんて言いながら店を後にし、100mくらい歩いたところで違和感。。
なんだろう?と立ち止まって身の回りを確かめてみたら・・・リュックが無い!!!
さっき、椅子に座るときに背もたれに引っ掛けたままだ!
あの中に何入ってたっけ?大事なものあったか?なんて焦りながら店に戻ったら、
椅子のところに置いたままでした。あ~良かった~

気を取り直してスペイン階段の方角へ歩き出すと、徐々に上り坂。
石畳の上り坂は、なかなか険しいものであります。
こんな上がるものなの?なんて思っていたら、いきなり開けました。
てっきり階段の下に出るものとばかり思っていたので、ちょっとビックリ。

スペイン階段上から

結構上がったんですねぇ。風が気持ちいいです。
遠くにバチカンのクーポラも見えます。
ひと息ついて階段を下りてみました。

スペイン階段下から

観光客でいっぱいです。
この先はブランド店が並んでいるとのことですが、スルー!

この後、宿の支払いをしておこうと、一度戻ることにしました。
適当なバスを乗り継いで、難なく駅へ。
バスも慣れましたね。そもそも、3日通し券があるので、乗るのも降りるのもなにも要りません。
突然の検札があるようですけど、基本タダ乗りし放題ですね。

【本日前半のトラブル】(5段階評価)

 ・バス乗り過ごし(1)
 ・行きたかったカフェが開いていなかった(1)
 ・barで荷物忘れ(3)

【対策】
 
 ・バスは間違ったら乗り直せばいい。
  GPS見てれば、そうそう間違わない。
 ・店の開店時間をしっかり下調べする。
  近くに複数ヵ所候補を見つけておく。
 ・今回はラッキー。忘れ物は厳禁!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。