スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの旅 最終夜 -機内泊はノーカウント-

ヴェネツィアの朝は早い。

ヴェネツィアの朝

いやー綺麗☆

ミラノはどうでもいいとして、
ローマやフィレンツェは一人旅でも全く問題ないと思っていましたが、
ヴェネツィアはダメだ。
ココは一人旅する地じゃないな。
特に、このホテルは新婚旅行で来なくちゃダメだ(笑)

そんな素敵な午前4:30の早朝というか未明の窓からの景色をしばらく眺め、
帰りの支度を始めました。


いろいろありましたイタリアの旅ですが、今日が山場です。
この旅が良い思い出で終わるかどうかは、これからのスケジュールに掛かっています。

6:58 ヴェネツィアから電車でミラノへ向けて出発。
9:25 ミラノ中央駅到着。

    ミラノ マルペンサ空港へ移動。50分ほど。

14:35 日本へ向けて離陸。

こう並べてしまうと余裕のようですが、電車の遅延や運休があると一気に怪しくなります。
高速鉄道で2時間半の距離ですから、代替の交通手段がないので、帰国できない可能性も。。

とりあえず早めに出発するに越したことはありません。
6時過ぎくらいに支度を終えてフロントに行くと、昨日の綺麗なお姉さんとは打って変わってお爺さん。
チェックアウトをお願いすると、キャッシュで払えと言ってるような。
え?ホテル代なんて持ち合わせないぞ。
現金なんて無いぞと困っていると、渋々カードでもいいと。
後で気づいたのですが、この現金で払えというのは観光税の 7ユーロだけで、
700円ばかりも持っていない!と言ってたと思うと…恥ずかしい。。

支払いを終えると、朝飯食べてかんのか?というので、No,Grazieとお断りしても、
コーヒーくらい飲んで行けよと。ごめんね、時間の余裕ないんだよ。
宿代からすれば、これまでで最高の朝食出てきたんだろうに。

外に出るとまだ真っ暗で、見上げると満天の星空。
当り前ではあるのですが、同じ星空が見えるのって、すごく不思議な感じがします。

スーツケースをゴロゴロ引っ張って橋を渡り、駅に着くと人もまばら。
運行状況を見ると遅延もないようなので、少し安心してホームの端にあるbarに入りました。
とりあえずの朝ごはんは、やっぱりパニーノとエスプレッソ。

ヴェネツィアの朝 パニーノ

ちょっと大きめですが、フレッシュでとても美味しいです。
イタリアのパニーノは、どこで食べてもハズレなしです。

満足してホームに戻ると、始発だからか早めに列車が入ってきていまして、
早々に乗り込みました。
さすがに朝早い上に今回は1等席なのでガラガラです。

ミラノ行のES

ホッとしているうちに定時に出発。
今回の旅で電車がほとんど定時で出発したのは、当たり前ながら少々驚きでした。
これで余程のことがない限り、空港には余裕を持って着けそうです。

2時間半後、見事にミラノ中央駅に到着し、ここから空港に向かうためにシャトルバス乗り場を探します。
これも、事前に調べていたのと、案内板が出ていたので、スムーズに見つけることができました。
ただ、ミラノには二つ空港があるので、多少の注意は必要です。

シャトルバス

片道7ユーロだったはずなのにと思いながら10ユーロ支払、バスに乗車。
ある程度満車に近くなったところで出発しました。
ミラノの街並みは、やはり郊外でも魅力に欠けますね。それだけ都会なんでしょうけど。
ただ、路駐が多いのは見慣れたとして、中央分離帯にもかなり乗り上げて駐車してるのにはビックリですね。
それじゃ出れないんじゃないの?なんて思うことも多いです。

50分ほど走ると、ようやく空港らしい風景になるのですが、マルペンサ空港はターミナルが二つあり、
先に停まる方で降りてしまうとエライ目に遭います。
間違わずターミナル1で降りましょう。

空港はさほど大きくないので、バス停から空港内に入るとすぐにチェックインカウンターです。
先ずはフライトの状況を確認!

定時

よし!定時で飛んでくれそうだ!
もうこれだけが心配でした。ほぼ9割日本に帰れたようなものです。

少し様子を眺めていると、日本人が多そうです。ツアーの団体のようですね。
既にチェックインが始まっているので、Webで済ませてはいましたが、間違いあると困るし、
帰りはスーツケースを持ち込まずに預けようと思っていたので、列に並びました。

カウンターのお姉さんにeチケットの紙を見せると、何か言ってきました。
ん?なんだって?油断してたので、聞き取れなかったぞ。
英語とイタリア語が混じってるようで、???のような顔をしたら
お姉さんはアッサリと諦め、だれか英語話せる人いませんか~的に呼びかけたら
近くにいたツアーの添乗員さんが来てくれて、間に入ってくれました。
何よ、予約に問題あるの?なんて心配していたら、なんてことはない
「300ユーロプラスすると、ビジネスにアップグレードできますよ」って話でした。
なんだい、それだけ?ビックリさせないでよ。。

いえいえ、そこまでは結構とお断りし、その後は何事もなく保安検査場、出国手続きを済ませ、
免税店を冷やかしながら搭乗ゲートまでたどり着きました。
おかしな「遅延」の表示もないのを確認し、ちょっと買い物。
親父へのお土産がなかなか見つからなかったので、困ったなと思いつつ
エンポリオ・アルマーニのマフラーを購入。
田舎の寄合でこんなマフラーつけてる爺さんは居ないだろ (笑)

余りにも早くに手続きを済ませてしまったので、とりあえずジェラート。

空港でジェラート

ちゃんと飛んでくれよ~と念を込めながら。

それでも、時間もユーロも余っているので、使い切りの小間物買い物をし、
とある人向けにネクタイピンを買ったら「LONDON」なんてロゴの入った袋に入れられて orz

気が付くと既にお昼もだいぶ過ぎています。
これはなんだな、お昼ご飯食べた方がいいよね?と、店を眺めていたら、やっぱピザっしょ!ピッツァ!
そして、いざピッツァを注文すると、ビールも欲しくなるのが性ってヤツでして。
搭乗前にビールは止めようという誓いは、行きも帰りも軽やかにスルー。

空港でピッツァ

イタリアでの最後の御飯ですね。
zoraのpizzaは、まんまゴルゴンゾーラのピザなんでしょうけど、チーズが濃くて美味しいの!
イタリアすげーな。ファーストフード的なところのピザも上手さが違うぞ。
ただ残念なのは、birra(ビール)がイマイチなんですね。
何がって訳ではないけど、日本のビールが美味いんだと思うんですよ。

満足してちょっと酔いが回ったところで搭乗開始!
実にオンタイムで有難い。有難い。当たり前のことなのに有難い。

ほぼ満席の機内。私は行きの反省を踏まえて通路側。
窓際には二十歳くらいの若い男性、真ん中には50代くらいのオバさん。
なんか、この二人の関係がいまひとつ掴めないのです。
親子のようなんだけど、親子とは違った距離感。
若い男は、世間知らずのダメっぽい感じ。
オバさんは、何かと世話をやいています。そのオバさん、イタリア人CAさんにイタリア語で
ワイン小さいボトルでくれとか、ちょっとしたことをイタリア語で話し掛けています。
あんまり通じてなかったけど (笑)
この二人、結構海外旅行をしているようで、オバさんはしきりに「次は何処行きたい~?」と
若い男に訊き、若い男は完全に連れて行ってもらう感覚で行きたい国を言っています。
なんだこれは?(笑) 親子と考えるのが自然なんでしょうけど、会話が親子じゃないんだよな~
オバさんがトイレに立ったタイミングで若い男がCAさんに中学一年生くらいの英語で
飲み物頼むのですが、通じず諦めていました。。海外旅行慣れしてそうなのに。
フライト中、この二人が気になっちゃって、映画観るとか寝るとか全くできませんでした (笑)

そして機内食。

帰りの機内食1

ラザニアに生ハム、ティラミス的なケーキ。
うん、美味しい。

ご飯食べると、途端に暇。
お隣の二人も寝ちゃうと、暇を持て余しちゃう。
帰りは若干早いとはいえ、やはり12時間ほどと長いのには変わりありません。
でも、行きより時間の進みは早く感じますね。

日本にだいぶ近づいた辺りで朝ごはん。

帰りの機内食2

シンプル。実にシンプル。
肉でもいいくらいです。
ビジネスにアップグレードしてたら、どんなご飯だったのかな?

ここから成田まではあっという間でした。揺れもせず、無事日本に到着。

成田到着

いやぁ、帰ってきたって実感が出てきました。
と同時に、かなり疲れていたにもかかわらず、ここからまたすぐにでもイタリアに戻りたいって
なんだか不思議な気持ちになったのは、満喫できたからなのでしょうね。

スカイライナーで日暮里まで行き、ここで我慢の限界。
日暮里駅近くのラーメン屋に入ってしまいました。
ラーメンが和食なのかは判断に困るところではありますけど。

帰国後のラーメン

ただ、このラーメン屋さん。
作り手、フロアの女の子、みんな中国人みたい。注文確認なんかは日本語ですが、厨房では中国語です。
ラーメン屋として見れば、中国人で固めるのは実に正しいのかもしれませんが、
日本に帰ってきて一発目の食事がこれというのは、若干モヤモヤ感が残るのですねぇ。

上野から新幹線で仙台へ。そして地下鉄で我が家へ。
玄関開けて、ようやく緊張の糸が解けました。
7泊9日の大冒険、大きなトラブルもなく終了となりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。