スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋滞情報を取得してみよう

いやぁ、油断してたら半年ぶりになってしまいました。

2月に追突されたり揉めたりと、ネタには事欠かなかったのですが、
どうにも気分が乗らないままに半年・・

久々なので、これまたご無沙汰のクルマネタで行ってみようかと思います。

もともと「何処に向かって居るんだって?風に聴いて呉れ!」だった私が
ポータブルカーナビを購入したのは2009年の年の瀬でした。

当時乗っていたアルファロメオ156のフロントガラスにVICSのフィルムアンテナを貼り付けて、
ポータブルながらかなり便利に使っていました。

それが、147に乗り換える際、フィルムアンテナだけに剥がして貼りかえるのが上手くいかず、
VICSの道路交通情報が無いまま使用し続け、不便さにも慣れてしまいました。

しかし、先日帰省した際、渋滞情報がない高速で大渋滞に遭い、
これはそろそろどうにかしないとと思うに至った訳です。

で、どうするか。
外付けのアンテナをサクッと付けちゃおうかなとも思いましたが、
受信感度がどうのというのを目にすると、ポチッと購入するのが躊躇われます。

だったら、ラジオのアンテナ線からもらっちゃおう!

そうとなれば分配ケーブル購入。

ラジオ分配ケーブル

では、ハンガーを準備。

ハンガー

程よく切って、被覆を3cm程剥いておきます。
これを2つ作成。
そして、ヘッドユニットの4つの穴に差し込み、引っ張る!

針金で引っ張る

配線に気を付けて引っこ抜く!

引っこ抜けた

完全に抜けきったところで気が付いた!
アンテナ線のプラグ形状が違うのをすっかり忘れてた (´Д⊂ヽ

ひとまず撤退で、ISO→JASO JASO→ISO の変換プラグを調達。

変換プラグ

まだヘッドユニット側の変換プラグが届いていませんが、ナビ側の工作から始めましょう。

ナビへのVICS入力は専用のコネクタなので、既存のフィルムアンテナを適度に切り、
被覆を剥いて分岐ケーブルと直に繋ぎます。
ここで、オマケにミニジャックへの変換ケーブルが付いていたので、
分岐ケーブル本体を傷つけずに作業できたのはラッキーでした。

ナビ側入力コネクタ

思い返せば、四半世紀ぶりくらいに通電させたマイ半田ごて。
被服剥き過ぎなのと、半田のノリが悪いのはご愛嬌ということで (^^;

半田付け

シッカリ絶縁して取り付けてみました。

渋滞情報表示問題なし!
こんな軽作業、面倒くさがらずにもっと早くやっておくんだった・・

VICS情報

これでこのところ読めない渋滞にも対応できそうです。
満足満足。

いや、まだもう一つの変換ケーブルが届かないから、ラジオが聴けないんだった。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。