スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み旅紀行 ?出来立てポカと歓喜の夜?

噂に聞いていた徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場は
ネーミングライツで「ポカリスエットスタジアム」であります。
因みに、隣の野球場は「オロナミンC球場」
宣伝効果抜群です。
そして何より隣接する大塚製薬の工場。
エコをイメージし過ぎたのでしょうか、鮮やかな緑色に塗られています。
これってどうなんでしょう?
でも、スタジアムは白くて清潔感がありますね。

バスがスタジアム裏のアウェイ入り口付近に停められたので、
そのまま入っては勿体無いと正面に回って雰囲気を楽しみます。
お祭りもあるとのことで、浴衣姿の女性も多数。
やっぱり日本の夏は浴衣であります。



スタジアム周りを半周散歩し、では入場。

でも、ちょっと困るのが、入場しちゃうとトイレや喫煙所が外にしかないので、
再入場券を貰って一度二階分を降りて出なくちゃいけないんですね。
入場の手荷物チェックの意味があまり無いような気が・・・

アウェイ民用のゴール裏、座って観たかったので
密集から少し離れた席に陣取りました。
先ずは入り口で買ったおいたポカリスエット。
本場モノです。
一味違います。
出来立ての芳醇な香りとコクが楽しめます。



次に蛸飯。
PAで見かけたときには、素っ気無い弁当箱よりはこっちだろう!
と凄い勢いで選んだのですが、後のことを考えていませんでしたね。
焼き物の器は、捨てるには惜しい。
でも、持って帰るのは絶妙に重くて邪魔。
どうしたもんでしょう。
でも、タコも多くてとても美味しいお弁当でした。



ひとしきり食べ終え、阿波踊りの実演を眺め、
ピッチ内アップが始まる6時30分になってもさすがに西の方は日没が遅いですね。
でも、明るくはありますが、海風でか気温はだいぶ下がって心地良いです。

選手入場時のカントリーロードが始まり、いよいよかと思いますが、
時計を見ると少々早いような。
あれ?と思っているうちに選手じゃなく市長さんの挨拶だかが始まり、
先行き不安になるようなグダグダさです。

そしてキックオフ。
あっという間にこちら側ゴールへ徳島の得点が決まってしまいました。
あれぇ?
徳島は5月くらいからホームで点を取っていないはずなんですけど・・・
早々のビハインドの中、徳島は連敗中とは思えないような試合内容です。
つーか、仙台が攻めてもフィニッシュ決まるような気がしません。
先日柏から移籍加入した岡山が早速のスタメンで、
かなり空中戦で勝っていましたし、セットプレーでも絡めていたので、
その辺りはゴールへの期待が高まります。

そして後半、ゴール前での中島の空振りでガクッとした直後、
後ろにいた千葉直樹が蹴り込んだ!
良し!同点!これからだ!

と思ってからが長かった。
噛み合わない攻撃に正直引き分けを覚悟し、
このまま帰らずにお遍路に行ってしまおうかと思い始めた終盤、
ゴール前で徳島の外人さんが寝転がってるなぁ?
止めないし、時間稼ぎなのかな?
なんて思っていたら、左サイドでパスを受けたファビーニョが
凄い勢いで突破し、クロスを上げました。
視線をゴール前に移すと・・・
フリーで待っていたロペスがヘッドでぶち込む瞬間でした。
大歓声とともに、周りの知らないサポ達とハイタッチで喜び合います。

ロスタイムをしのぎ切り、絶対に必要だった勝利をもぎ取りました。
大騒ぎで喜ぶというよりは、よく勝てたなと大きくため息をつく感じです。



決勝点を入れたロペスへのコールとダンスをしていると、
岡山もヘンテコな踊りをしています。
停滞していたチームの雰囲気を一気に変えた、陰の立役者ですね。
実にいい補強をしたものです。
そして後半途中から投入のファビーニョも、前節よりだいぶフィットし、
縦に抜けるスピードが発揮されていたので、今後も期待できそうです。

余韻そのままにバスに戻ると、ツアーの皆様も興奮気味です。
その興奮を乗せつつ、バスで少々移動し、鳴門駅に向かいます。
次は鳴門の阿波踊り見学となるのですが、駅前で降りると
既に太鼓と鐘のリズムが聴こえてきます。
陸橋を渡り、繁華街の方へ降りると、人も多く賑わっています。
そして、その先には道路の両側にスタンドを設けられた会場があり、
そこをグループごとでしょうか、踊りながら抜けていきます。
今回のツアーにはスタンドの桟敷席も用意されていたので、
抜群の場所から眺めることが出来ました。



やっぱり祭りはいいものですね。
太鼓と鐘の独特のリズムに掛け声、そして男っぷりのいい男踊りと
しなやかな艶やかさがある女踊りは見応えがあります。
そして、小さな子供もちゃーんと踊ってるんですね。
短い時間でしたが、遠い土地の祭りを見れたのはラッキーでした。

しかし、お祭りなだけあって鳴門市、徳島市近辺のホテルが確保出来ず
隣県の高松市まで1時間ほど掛けての移動となります。
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。