スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品の安全は別の側面を見せる

余程のアクシデントでもなければ、食べるという行為は必要不可欠です。
だってお腹が減るんだもん。
しかし、生きるために食べるのと、楽しむために食べるのは違うものです。

とは言え、やれ菜食主義だとか、オーガニックだとか、本質よりも
贅沢な美食と化している一面もありそうですけど、
生き延びるためだけではなく、質まで追求してしまうのは
飽食の時代故でしょうか。

そんな生まれるのが早すぎた現代っ子の私は、ごく普通の社会生活を送れる位に
多少のバランスを考えつつ食べています。
1週間同じものでも、まぁ概ね大丈夫。
昨日食べたものを忘れちゃってるってこともありますが・・・


そんな本日は、仕事が少し遅くなったので、簡単に済ませようと思いました。
コンビニかな。
それとも、スーパーでお惣菜かな。
そんなことを考えつつ、途中に吉牛を発見。
まぁね、BSEもそろそろいいんじゃない?
そもそも、普通に食べてるし。

カウンターに座り、さぁて牛すき鍋定職にしようか、それとも並つゆだく?
と、甘美な選択の時間を楽しんでいたところ、店内に貼ってあるポスターが
目に留まりました。

おっ!

即、うな定に決めちゃいました。

やっぱりこの時期は鰻だわね?なんて思いつつ食べていたら・・・
あれ?この手の安い鰻って、中国産ですよね?
祭りの真っ只中だったBSE騒動の頃よりも、密かにリアルにヤバいんじゃない?
ひとつ問題を回避したと思ったら、次にまた落とし穴が待ってるみたい。

それにしても、度を越した高度成長の歪が食品に出てしまうとは。
全ての食材に産地が表示されているわけでもありませんし、
加工したものや店で出てくるものは、いち消費者には見えてこないものです。
当たり前のように信頼して口にしていた食品が、いざ安全性に疑問なんて
出てきても急に全排除なんて出来ないものです。
残留農薬まみれだったりとか、極めつけは無農薬と表示しつつ
農薬を使っていたりとか、そもそも食品じゃないものを使っていたりとか。

もちろん中国産に限らず、国内だって消費、賞味期限切れの原材料を使ったり、
牛肉を偽装したりと以前からあることですけど、モラルの欠如が問題ですね。
自分は別にいいですよ。大人ならね。
でも、センシティブな赤ちゃんや子供が口にすることを思えば、
生産者さんは命に代えてでも安全性を保障してもらいたいものです。


一次産業を軽視しがちな昨今、他国から買わなければいけない
構造になってしまっているのだから、売り手に好き勝手させない
毅然とした態度が必要と思う今日この頃、
ベランダのプランターはいい感じに実っております。

自給自足すっか。


さて、吉牛のU字テーブルの向こう側の怪しいおじさん。
うな定を食べ終えたようです。
とその次の瞬間、
 
 「並もういっこちょうだい」

えっ?
そうですか。お代わりですか。
そしてまた うな定の丼が届いたのですが、

 「定食でちょうだい」

えっ?
そうですか、味噌汁ももう一杯ですか。
お新香もね。

余程気に入ったのか何なのか、効率の悪い注文を横目で見ながら
私のうな定は完食と相成ったのでした。

しばらくしてから吉野家に納入していた鰻から高濃度の農薬が!
なんてニュースが流れないことをちょっぴり思うのでした。
プロフィール

RSroman

Author:RSroman
車バカ サッカーバカ
 その他色々ハマり中

カレンダー
09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。